最新記事

catch-img

スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【リスクマネジメント】

はじめに

日本では「個人戦術」「グループ戦術」「チーム戦術」が主に主流となっていますが、スペインではその他に【集団プレー戦術】という概念があります。なぜ集団プレー戦術と呼ぶ必要があるのか?理由は2つあります。1つ目は、スペイン語で「Juego colectivo(フエゴ・コレクティーボ」といい、直訳すると「集団的プレー」となるから。もう一つは、日本語で置き換えれない概念だからです。集団プレー戦術はチームとしてサッカーをするための原理原則です。「グループ戦術」と「チーム戦術」の間に位置している。と言えばわかりやすいでしょうか。


【合わせて学ぼう!】日本語にはないスペイン語サッカー専門用語

本記事では、攻撃時の集団プレー戦術の基礎【リーブゾーン】の概念について紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.集団プレー戦術とは?
  3. 3.サッカーの原理原則とはなにか?
  4. 4.スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【リスクマネジメント】
  5. 5.リスクマネジメントとプレーモデルのつながり
  6. 6.各集団プレー原理に基づくアクションの流れ
    1. 6.1.①ライン間のバランスを整える
    2. 6.2.②ラインのバランスを整える
    3. 6.3.③リーブゾーン
    4. 6.4.④サイドチェンジ
    5. 6.5.⑤リスクマネジメント
  7. 7.リスクマネジメントの定義とキーファクター
    1. 7.1.①攻撃に直接関わらない選手はリスク管理を考える
    2. 7.2.②横のラインバランスを整える
    3. 7.3.③数的優位を作る→最低でも2vs1、3vs2を生み出す
    4. 7.4.④中盤ゾーンを埋めて2次攻撃に備える
  8. 8.【理解度チェック】
  9. 9.まとめ
    1. 9.1.関連記事


集団プレー戦術とは?

集団プレー戦術とは、「13のプレーシチュエーション」を更に深く掘り下げ、サッカーの原理原則を整理したものです。まずは、以下の記事を読むことをオススメします。

【合わせて読もう】チーム戦術を徹底解説した記事3集

  

さて、これから「13のプレーシチュエーション」を理解していると仮定して、話を進めていきます。

チームづくりの全体像

「プレーモデル=チームの在り方」を設定することがチームを作る上での大枠になります。

【合わせて読みたい】スペインサッカーから伝わる「プレーモデル」の言葉の真意

次に「チーム戦術=ゲームプラン(チームとしての試合での戦い方)」となります。

そして、そのゲームプランを実行するための土台が「技術」「フィジカル」「メンタル」そして、「戦術の原理原則の理解」の部分。戦術は2つに分けられ【個人戦術】と【集団プレー戦術】となります。※グループ戦術を組み込むことも可能です。

【合わせて読もう】スペインサッカー攻撃の個人戦術【横距離(アンプリトゥ)】


サッカーの原理原則とはなにか?

サッカーにおける原理原則とは、サッカーの状況において「90%以上の人々が同じ答えを導き出すアクション」と仮定します。

例えば、以下の状況を見てください。

デスマルケ

この状況では、ボール保持者にプレッシャーがかかっているとき「受け手のサポートの選択肢は足元になる場合が多い」のです。まずは「ボール保持者にスペースがない場合は、足元のサポートが有効である」という事を知る。もちろん原理原則から飛び出すことは大切ですが、基本を知らなければ応用問題は解けませんからね。

この概念は「攻撃の個人戦術マークを外す動き(デスマルケ)」に分類されます。

では次の状況です。以下の図を見てください

黄色チームがセンターバックからサイドバックへボールを出した状況。赤チームが守備をしていますが、①方向、もしくは②方向、どちらに守備ブロックをスライドするべきでしょうか?

集団プレー戦術

サッカーを知っている人ならすぐに分かりますよね。正解は①方向へスライドです。もちろん長年サッカーに親しんでいる人には簡単な問題ですが、サッカーを始めた子供たちにとっては難問です。さらに個人戦術と違って、チーム全体の動きとなるので難易度もアップします。

このアクションは「守備の集団プレー戦術、ラインのバランス(チームの横のバランス)」に分類されます。

例題からわかるようにサッカーには、普遍的な原理原則が存在しています。それを整理して言語化し、幼少時からバランスよくトレーニングすることが必要です。


スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【リスクマネジメント】

リスクマネジメントは、スペイン語でvigilancia(ヴィヒランシア)と呼ばれ、直訳すると「見張り・警備・警戒・用心」です。このプレー原則は、「組織攻撃を行っている際に行われる守備組織の構築」を指します。

例えば以下の状況を見てください。

黄色チームが相手を押し込んでいる状況。両サイドバックは攻撃参加し、ウイングの選手は中へポジションを取っています。さらにトップ下とボールを保持していないボランチも前へ位置する形です。センターバックは大きく幅をとってサポートをしています。

「攻撃だけ」を考えた場合、全体がバランスよく位置取りをしているとも言えます。しかしボールを奪われた場面を想像してみましょう。

赤チームのカウンターアタックに対してスペースが空きすぎていることが分かります。FWの2トップは完全にフリー。サイドハーフの選手に攻撃参加されると、4vs2の状況を生み出されることになります。

良いリスクマネジメントとは何か?

「ボールの後ろに配置する相手選手(FWやウイングの場合が多い)を見張れる配置を作っておく」。その結果「カウンターの芽を未然につむ」それが良いリスクマネジメントと言えるでしょう。リスクマネジメントに関わる選手は基本的にセンターバック・サイドバック・ボランチ。現代サッカーでは、この3つのポジションでプレーする選手に「チーム攻撃時の高度なリスク管理能力」が求められています。

攻撃と守備は常に表裏一体。攻撃の時もボールを失った場合のリスク管理を徹底する。それがスペインの攻撃の集団プレー戦術「リスクマネジメント」です。






リスクマネジメントとプレーモデルのつながり

リーブゾーンは、「13のプレーシチュエーション」における組織攻撃の原則「ライン間のバランス」の中に位置づけられます。


組織攻撃の集団プレー戦術は、ビルドアップ・前進・フィニッシュの3つのプレーシチュエーションの中に、全部で5つの原則が存在します。フィニッシュのプレーシチュエーションの中には2つの原則が存在します。


各集団プレー原理に基づくアクションの流れ

①ライン間のバランスを整える

ライン間(縦)のバランスは集団プレー戦術の基本です。まずは全体が自分のポジションを理解し、ラインを形成しなければサッカーは始まりません。

【もっと深く学ぼう】スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【ライン間のバランス】


②ラインのバランスを整える

次に、ライン(横)のバランスを考えます。ボールに対してラインのバランス(同ライン上の選手同士の距離感)が悪いと攻撃は機能しません。

【もっと深く学ぼう】スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【ラインのバランス】


③リーブゾーン

各選手がバランスよくポジションを取ったらあえて自分ポジションから出て(リーブして)バランス崩すアクションも必要です。自分のポジションに止まったままでは、相手の守備が組織的な場合、ブロックを崩せません。自分のポジションからリーブして、相手の守備システムに「ハマらない」サポートを行いましょう。

【もっと深く学ぼう】スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【リーブゾーン】


④サイドチェンジ

ポジションバランスを保つ。リーブゾーンをする。などの集団プレー戦術アクションを行っても相手が崩れない場合は、サイドチェンジが必要になります。

相手の守備組織のスライドが整っている状況では、リーブゾーンも意味を成しません。その場合は、相手を揺さぶるサイドチェンジが効果的です。

【もっと深く学ぼう】スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【2種類のサイドチェンジ


⑤リスクマネジメント

リスクマネージメントは、疎かになりがちな戦術です。基本的には、相手を押し込んで攻撃しているときのディフェンスラインやボランチの選手オーガナイズを指します。どのような陣形で、誰をマークしておくのか?攻撃をして置くときに考える必要があります。


リスクマネジメントの定義とキーファクター

  • リスクマネジメントの定義

リスクマネジメントとは、自チームがボールを保持しているとき、守備に参加しない敵のポジションをコントロールするアクションであると定義する。

【《キーファクター》→リスクマネジメントを理解するためのポイント】

①攻撃に直接関わらない選手はリスク管理を考える

ボールよりも後ろにいる選手は、「常にボールを奪われたときの状況を考えて位置取り」する。リスクマネジメントに関わる選手は基本的にセンターバック・サイドバック・ボランチです。監督は3つのポジションに入る選手たちのオーガナイズをしなければなりませ


②横のラインバランスを整える

同ライン上にいる選手が上がる。→ボールサイドへポジションをずらす=「ラインのバランス」を整える。ボールロストの位置に対して距離が近くなりカウンターの芽を摘みやすくなる。


③数的優位を作る→最低でも2vs1、3vs2を生み出す

リスクマネジメントにおいて数的優位を保つことは必須です。「マークを明確にする」「カバーリングを明確にする」この2つがリスク管理における肝。相手のカウンターに備えて数的優位を維持します。


④中盤ゾーンを埋めて2次攻撃に備える

ディフェンスラインの前のスペース【バイタルエリア】がポッカリ空いている。その状況では相手にカウンターのチャンスをプレゼントしているようなものです。バイタルエリアにはボランチの選手を最低1人残して中盤のスペースを消します。またバイタルエリアを埋めることで、セカンドボールを拾いやすくなり2次攻撃を仕掛けることも可能です。




【理解度チェック】

赤チームのリスクマネジメントのオーガナイズにおけるアイディアを出しましょう!※右サイドバックを攻撃参加させたい場合の解決策



まとめ

リスクマネジメントは小学校中学年から徐々に教えて行く必要があります。もちろんボールを追いかけ回す「ただ楽しいサッカー」も必要ですから、集団プレー戦術ばかり教えてもいけません。全て『バランス』の問題です。子供たちがポジションありのサッカーが楽しそうでなければ、ポジションなしで自由に試合をさせても良いのです。ただ、そればかりではサッカーはうまくなりません。常に「抑えるべき原理原則を落とし込む時間」と「単純にサッカー楽しむ時間」のバランスを考えながらトレーニングを組み立てるといいでしょう。

【無料サカスペ教本配信中】
個人技術・個人戦術・チーム戦術についてもっと詳しく学びたい方はこちらからダウンロード♪

【理解度チェックの回答例】


★詳しくは画像クリック↓


関連記事

【解説】サッカーフォーメーション3-4-1-2の長所・短所とシステム変化

編集長直伝!3種類のポゼッション|スペインサッカー練習メソッド徹底図解

リーガ・エスパニョーラで戦う現役サムライ・インタビュー【上村大介選手】

スーペルクラック編集部

スーペルクラック編集部

スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。

 人気記事

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。

 
月間の人気記事


タグ一覧


サッカー教本
 無料ダウンロード