最新記事

catch-img

リーガ・エスパニョーラで戦う現役サムライ・インタビュー【上村大介選手】

はじめに

日本人が最も苦手とするリーガ・エスパニョーラで戦う1人のサムライ。

サッカープレーヤー・上村大介選手は、スペイン・カタルーニャ州のクラブ・タラサFC(Terrassa FC)に所属しています。テルセーラ・ディビシオン(Tercera división nacional:リーガ・エスパニョーラ4部)を戦う同クラブは、過去にリーガ2部に名を連ねた古豪。

2017-18シーズンは通年リーグを4位で終え、プレーオフに進出しました。惜しくも昇格とはなりませんでしたが、いまカタルーニャ州で最もセグンダB(Segunda B división:リーガ・エスパニョーラ3部)に近いクラブと言っても過言ではありません。

2017年7月に加入した上村選手は、1年目から監督からの信頼を勝ち取ります。

上村選手が感じる「スペインと日本の違い」について技術編

1シーズン目は34試合中21試合でスタメン出場。2シーズン目は第22節を終えて19試合に出場し、15試合で先発出場しています。

そして昨季の(※)コパカタルーニャで、FCバルセロナBから劇的ゴールを決めチームを勝利に導きます。「バルサからゴールを奪った男」として日本メディアにも取り上げられました。

「日本人がバルセロナB戦で決勝ゴール!バルサ公式も讃える」Livedoor NEWS 2017/08/06 http://news.livedoor.com/article/detail/13437077/

大学卒業後スペインへ渡西し、バルセロナ在住6年目になる上村選手。これまでの歩み、これからの道、そしてスペインサッカーからスペイン生活まで。上村選手が感じる「今の想い」に迫りました。

※スペイン全国リーグ1部~4部リーグに所属するカタルーニャ州クラブと、カタルーニャ地域リーグ1部~4部で前年度リーグ優勝したクラブがトーナメント方式で戦う。


普通?が何かはわかりませんが、大学卒業後は基本的に「就職」という社会のレールがあります。同級生たちが「普通」に就職していく中で、大学卒業後スペインへ飛びたち、サッカーで挑戦しようと思ったキッカケは何ですか?

当時はプロサッカー選手を目指して、J2やJFLへのトライアウトに参加していました。JFLや地方リーグの所属するチームは予算も少なく、自分でお金を払って行く場合もありました。けど、あまりクラブの目に止まらなくて・・・。

『どうしよかなー』と途方にくれてましたね。

その時、大学時代お世話になったGKコーチから「最近何してんねん?」と連絡がきました。将来について相談したら「スペインで新しいプログラムを始めるから参加してみないか」と誘ってもらいました。

当時、自分の中の選択肢が、「スペインへ渡るか」「レベル落としてチームを探すか」「サッカーを辞めるか」の3つだけだった。

―何かアクションを起こさなければ―

と、思っていたのでスペインに挑戦することを決めましたね。

「なんとかなるかな?」くらいのノリで・・・笑

最初は1ヶ月間1チームに練習参加させてもらいました。監督に自分のプレーを気に入ってもらえて、そのクラブと契約することになりました。


言葉も通じない異国の地。サッカー先進国スペインへの海外挑戦。友人や家族もいない一人での戦い。「知らないこと」「わからないこと」に対する不安はなかったですか?

最初は「なんとかなるわ!」って気持ちで不安はありませんでした。

その後スペインへの出国日が近づくにつれて、海外挑戦への実感が湧いてきて・・・。

スペイン語もできない、仕事もない、友人や家族すらいない。頭で色々考えていると、出発日の4日前に急に怖くなったことを覚えています。

不安が押し寄せてきて「このままではあかん」と思いました。「動かなあかん」「助けがほしい」その気持ちで鈍行電車に乗って京都へ1泊2日の1人旅をしました。

母校が京都だったので、高校時代の親友に電話して・・・。

そしたらサッカー部の仲間を集めてくれました。スペインへ発つことへの不安を話したら「なんとかなる。気にすんな!」って。
その言葉で救われました。今でも親友には感謝しています。心の友ですかね。笑


不安を乗り越えてのチャンレンジ。他の国ではなくスペインを選んだ理由を聞かせてください。

ドイツやイングランドなどを選んで挑戦したほうが、日本人の特徴を活かせるとは思います。体が大きい選手が揃うチームの中で、速くてテクニックある選手は必要とされやすい。もちろん他の国で活躍する選手も大変なことはあると思いますが、「スペインに比べたらドイツの方が長所を活かせるかな」と考えたこともありました。

けど「スペインでサッカーしたい」という気持ちが勝ちました。その気持ちを無視して違うことをすれば、「僕らしくない」と思って―

今の目標は、セグンダB(リーガ・エスパニョーラ3部)昇格。スペインに発つ前に決めた「30歳」の区切りまで、スペインで挑戦します。まだまだ夢の途中ですね。


恐怖を克服してスペインへ旅立ったからこそ、現地で生まれる感動も大きいと想像します。

日本ではできない経験をスペインで出来ています。とにかく、スペイン人ってめちゃくちゃサッカーが上手いんです。

―レベルが高い選手たちと、一緒にトレーニングして、リーグを戦って、セグンダBへの昇格を目指す―

『共に前に進んでる感覚。』今、楽しくサッカーできています。

メンタル【スペイン4部リーグ】上村大介選手が語るスペインと日本のサッカーの違い

スペインは「サッカー選手とファンの距離感」がすごく近い。
試合前、スタジアムの近くのバルを通る。ビールを片手に持ったおじさんに『今日は何点とる?』と話しかけられます。笑

他にも自分の背番号【14】を日本の国旗に書いてくれて、毎試合スタジアムに飾ってくれることは嬉しかったですね。昨シーズン初め、ファンから国旗の写真とメッセージが届きました。『これ作ったんだよ!次節から飾るぞ!だからがんばれ!』って。

逆に「距離が近いからこそ、調子が悪いときは厳しい」ですね。

怪我で戦線離脱したあとの復帰戦。スタジアム見渡したら、国旗がなくなってました。

イラッとしましたね!笑 やっぱり忘れられるのは嫌じゃないですか。

すぐ結果を残したかった。復帰3試合目で試合終了間際92分に決勝点を決めたときは、ファンに向かって「国旗飾れ!」とアピールしました。

それ以降、ずっと飾ってくれています。


日本人プレーヤーがサッカーを文化とする国のファンに認められる。サッカー面での充実が伝わってくるお話ですね。では人間的な成長という点で、感動したことはありますか?

人生で1度も海外に行ったことがなかった祖父が、スペインへ遊びに来てくれたことです。

初日、空港に迎えに行ったら「ここは、京都か?」って。笑

バルセロナは歩いて回る場所がたくさんあります。スペイン旅行は、毎日1万歩以上歩いてました。祖父も「歩くこと」を想定していたらしく、スペインに来る前に運動機器を買って体も鍛えていました。笑

滞在中にリーグ戦の試合を観戦しに来てくれました。

クラブのSNSでも『87歳のおじいちゃんが日本から来た!』と投稿して頂きました。

おじいちゃん、喜んでいたと思います。

スペインに渡らなかったら、祖父もスペインに来れなかった。スペインでの祖父との時間は楽しくて・・・。素直に嬉しかったです。


これまでスペイン生活や海外挑戦におけるプラス面にフォーカスしてきました。しかし、サッカー後進国から来た選手が認められる過程は、楽しいことばかりでは無かったと想像します。

そうですね。はじめに一番苦労したことは、スペイン語です。

現地の語学学校は、スペイン人講師がスペイン語で説明して授業が進みます。何もわからなくて。悔しくて、悔しくて。そしてスペイン語が分からない場合は、英語で説明する。僕の場合、英語も分からなかった。

だから分からないことを伝える。解説をしてもらう。けどその解説自体がわからない。

―苦しかったです―

でも環境的にはプラスだった。日本語を話せない環境に自分を追い込めたので。

語学力はサッカーにも生きます。

はじめはスペイン語がわからないことを生かして、下ネタや悪い言葉を教えてもらっって、一緒に笑う。そのようなコミュニケーションもしていました。

しかし本質的なコミュニケーションでは通じなくなってくる。

グランドの内でも、外でも自分の伝えたいことを伝える。それが出来なければ、輪の外に追いやられる。チームには所属しているだけで、チームの一員ではない感覚ですね。

だからスペイン語は勉強しましたね。ネイティブのように話せるレベルではありませんが、コミュニケーションを取ることに問題ないレベルまで勉強しました。


今シーズンで6年目のスペイン生活。楽しいこと、辛いこと。様々な経験をした上村選手の目に映る「スペインの国」について教えてください。

天気が良い。(バルセロナは年間300日が晴れと言われる)

食べ物も美味しい。(美食の街で有名なバスク地方。ミシュラン星付きレストランも多い)

スペイン人の人柄も良い。(ラテンの陽気な人柄。スキンシップも多い)

すべて気に入ってます。

もちろん一番は、スペインのサッカー文化。スペインはサッカーに興味のある人達がたくさんいます。新聞もサッカー専門紙が数冊ある。バルではテレビでサッカーの試合が流れている。街のどこにいてもサッカーがある。サッカー好きにはたまらない環境ですね。

逆に嫌いなところもあります。レジやウェイトレスの態度は失礼で遅い。地下鉄はドアの前だけ込んでて、奥は空いている。とか・・・。スリに遭いそうになったこともありました。今では盗られる場面すら読めるようになってきましたよ。笑

けど、良いところも悪いところも全てを含めてスペイン。「気にしたら負け」くらいに思っています。



上村選手の1週間の生活を留学を考えている選手たちに教えていただけますか?

月曜日は試合後のリカバリー。火曜日は一日オフです。水曜・木曜・金曜がトレーニング。土曜日か日曜日にリーグ戦を戦います。

去年4月から株式会社OTOMO(アスリートサポート会社)から食事面・栄養面でサポートをして頂いています。また週1回、パーソナルトレーナーと体幹トレーニングを行う。専属スタッフに試合プレー分析をしてビデオで確認する。などフィジカル面と戦術面で新しい取り組みをはじめました。
③フィジカル【スペイン4部リーグ】上村大介選手が語るスペインと日本のサッカーの違い

それ以外のオフは、バルセロナ在住日本人、語学学校の外国人友達、チームメイトとリラックスした時間を過ごしています。


上村選手の座右の銘『キミは君らしく』。この言葉が心に残った理由は?

高校時代の恩師がよく言っていたフレーズです。

最初の「キミ」がカタカナで、次の「君」が漢字になっています。

『キミ』はまだ未熟。成長し大人になる。そして新たな『君』になろう。

そのような意味が込められています。

「キミは君らしく人生を歩んでいく」

この言葉は、今も大切にしてます。


「キミは君らしく」を実現する上村選手の次の夢。教えてください。

僕、イニエスタがめっちゃ好きなんですよ。スペインのコパ・カタルーニャで対戦する可能性にかけてました。笑 

けど日本に行ってしまって・・・。

だから次はJリーグ、日本が舞台です。イニエスタとサッカーすることが「今、やりたいこと」ですね。


最後に海外挑戦を目指す日本人サッカープレーヤーに一言、お願いします。

「本気ならできない理由を探さず飛び出してみる」

日本人同士の繋がりがあるから、助けてくれる人が絶対に現れる。

来たらなんとかなります!

④戦術【スペイン4部リーグ】上村大介選手が語るスペインと日本のサッカーの違い



おわりに

上村選手この度はスペクラインタビューに応じていただき、ありがとうございました。スペクラTVでは上村選手にスペインサッカーと日本サッカーの違いについて、「技術」「メンタル」「フィジカル」「戦術」の4つの側面からインタビューに答えてもらえました。全4篇となりますので、ぜひ御覧ください。



スペイン・バルセロナに来た際は、上村大介選手の試合を見に行こう!

試合日程の検索はこちらのサイトから!→http://fcf.cat/


関連記事

リーガ・エスパニョーラで戦う現役なでしこインタビュー【堂園彩乃選手】

【女子リーガ1部エスパニョール分析官連載コラム】私の歩くサッカーの道

スーペルクラック編集部

スーペルクラック編集部

スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。

 人気記事

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。

 
月間の人気記事


タグ一覧


サッカー教本
 無料ダウンロード