最新記事

catch-img

チーム戦術を作ろう!サッカーの基本『13のプレーシチュエーション』前編

22人の選手が流動的に動き続けるサッカー。その複雑さは他の球技を圧倒します。サッカーを知らない人は口が「ポカーン」となる経験があるのではないでしょうか?実際、プロのサッカー監督でも試合の流れや状況を正確に把握するのは難しいです。

サッカー指導者は、独自のチーム戦術を選手、チーム、クラブに浸透させたいが、どこから手をつければ良いかわからない。または、どこまでチーム戦術が浸透したか?理解できているか?といった判断基準は「感覚」に頼っている。そんな経験が誰にでもあると思います。

そんな悩みには、スペインで学ぶサッカーの基本、「13のプレーシチュエーション』を学ぶことをおすすめします!

これさえ頭に入れておけば、自分のチーム戦術の作り方・浸透度・相手のチーム戦術分析にも使えます。「サッカーを見る目」を一緒に養いましょう!!


目次
①チーム戦術とは(前編)

②13のプレーシチュエーション(前編)

 

 1. サッカーの基本的なプレーの流れ

 2. サッカーのプレーシチュエーション

③組織攻撃(前編)


 1. ゾーン1 ビルドアップ

 2. ゾーン2 前進

 3. ゾーン3 フィニッシュ

 4. ゾーン1またはゾーン2を飛ばすロングボール

④組織守備(中編)


 1. ゾーン1 ビルドアップを防ぐ守備

 2. ゾーン2 前進を防ぐ守備

 3. ゾーン3 フィニッシュを防ぐ守備

 4. ゾーン1またはゾーン2を飛ばすロングボールに対する守備

⑤トランジション 切り替え/守備→攻撃(後編)


 1. カウンターアタック

 2. 組織攻撃の再開

⑥トランジション 切り替え/攻撃→守備 (後編)


 1. プレッシング

 2. リトリート

 3. プレッシング&リトリート


①チーム戦術とは?

スペインでは集団プレー戦術とプレーモデルの中間に位置づけられるチーム戦術。

「集団プレー戦術はチーム全体で行うサッカーの基礎・基本」→サッカーをする上で必須(変わらないもの)

【例】→守備時のスライド、ラインアップ、ラインのバランス、ライン間のバランス、リスクマネージメント、サイドチェンジなど

「プレーモデルは、クラブの信念・国や人種・監督のアイディア、文化・選手の特徴と能力、外部環境と内部環境すべてを考慮して生まれるチームの『色』です」→クラブ・チームの「色」(変わらない※もちろん監督や環境が変われば、変化しますが、基本的にすぐに変わるものではない)

【例】→イタリア代表:強固な守備、スペイン代表:パスワークと華麗なテクニック、日本代表:組織力と団結力※これは僕の意見です、FCバルセロナ:ポジショナルプレー、レアル・マドリード:ショートカウンターと個々の能力、アトレティコ・マドリード:4-4-2のラインディフェンスと闘志

それでは「チーム戦術」とは?


チーム戦術とは、「独自のプレーモデルの中で、相手に合わせてプランを変更する戦術です」(変わるもの)

例えば:

今日は敵チームが2トップでプレッシャーに来ているから、ボランチを2杯のセンターバックの間に落として、ビルドアップで3vs2を作ろう。

相手は1-4-4-2のシステムか!こっちは1-4-3-3だからピッチ中央で数的優位ができるな。今日は、ボランチにつけてから攻撃を始めることを意識しよう。

上記のような会話は全てチーム戦術となります。

【付け足しポイント】

☆集団プレー戦術とチーム戦術とプレーモデルは一体です。例えば、守備時のスライドは集団プレー戦術ですが、チーム戦術にもなります。境目は、「変わるもの」と「変わらないもの」です。

☆チーム戦術を考える際に、メンタル・フィジカル・技術・集団プレー戦術・個人戦術のレベルを考慮する必要があります。

プレーモデルが決まっていない場合、チーム戦術はほぼ機能しません。



②13のプレーシチュエーション

以下の図がサッカーを13個のプレーシチュエーションに分けた図です。

これらのプレー状況を一つ一つ解説していきます。


②-1 サッカーの基本的なプレーの流れ

プレーモデルが全ての土台となることは既に説明しました。だから頂点に「プレーモデル」が存在します。その後に、サッカーの基本的な状況は【攻撃】と【守備】に分けられます。

さらに、【組織攻撃】【切り替え(トランジション)守備→攻撃】【組織守備】【切り替え(トランジション)攻撃→守備】の4つに分ける事ができます。

【組織攻撃】→ボールを落ち着いて回して攻撃している状況です。相手は組織守備に入っています。一番サッカーが見やすい状況です。

【トランジション攻撃→守備】→ボールを奪われた後、組織攻撃から組織守備へ移る境目の状況です。「攻守の切り替え」がこの状況に当たります。

【組織守備】→ブロックを作って守っている状況です。相手は組織攻撃に入っています。一番サッカーが見やすい状況です。

【トランジション守備→攻撃】→ボールを奪った後、組織守備から組織攻撃へ移る境目の状況です。「攻守の切り替え」がこの状況に当たります。

②-2 サッカーのプレーシチュエーション

4つの基本的状況をさらに細かく分けたのが『13のプレーシチュエーション』となります。

組織攻撃と組織攻撃はゾーン分割によってプレー状況を分けています。

トランジションはチーム全体のアクションでプレー状況を分けています。

③組織攻撃

③-1 ゾーン1 ビルドアップ

スペインのゾーン1のビルドアップでは、キーパーを含めたディフェンスラインからのボールのチームとしての引き出し方を、相手のシステムによって3つか4つほど用意しています。

まずはディフェンスラインとボランチの動きに注目します。相手のFWと中盤のラインのプレスによって、チームとしてのオプション共有しておくことが大切です。

【例】自分のチーム 1-4-2-3-1 相手が1-4-3-3

ゾーン1では4vs3→センターバックと1トップは2vs1→ボランチとの関わり2vs2状+センターバックがボールを持っている状況

解決例→センターバックがドリブルで前のスペースに入り込んで、ゾーン2の相手選手を誘い出し、「穴」を見つける。


③-2 ゾーン2 前進

ディフェンス/ボランチに入った際の、ゾーン2での前線と中盤の動きに注目します。このゾーンでも各チーム3~4つのオプションを持っています。

【例1】自分のチーム 1-4-2-3-1 相手が1-4-3-3

ゾーン2で真ん中のゾーンが3vs3になる状況(更にハマりやすい配置)+サイドバックがボールを持っている状況

解決例→中盤の入れ替わりでギャップにサポートに入る。ウイングとのコンビネーションやFWへのロングボールもオプションになる。

【例2】グラウディオラのマンチェスター・シティ:ゾーン2の組織攻撃のオプションの一つを紹介します。

1-4-3-3が基本フォーメーション 

ゾーン2の組織攻撃に入ったときはサイドバックがボランチの位置に移動→ボランチ(フェルナンジーニョ)がセンターバック間に落ちてきます。

この時点でフォーメーションは1-3-6-1に変化。

中盤に4人の選手を配置することで中央でのボール回しを効率的にできます。さらにシルバ、デ・ブルイネといったキープレーヤーをフリーにすることも可能です。ワイドにはサネとスターリングを張らせておくことで、サイドから1vs1の脅威を与えています。よく考えられていますね。


③-3 ゾーン3 フィニッシュ

相手ゴール前での崩しになります。おもに、サイドからの崩しと、中央突破に分けることができます。このゾーンでも各チーム3~4つのオプションを持っています。ですが、ゾーン3では個々の選手のアイディアと創造性が何より大切になります。ここでは、FCバルセロナのゾーン3の組織攻撃をご紹介しましょう。

【例】

ウイングがピッチ中央に入り込み中央レーンに6人を並べます。サイドバックは最大限ピッチの幅を取り、高い位置を保ちます。イニエスタ・メッシ・コウチーニョ・ブスケツ・ラキティッチが中央でボールを受ける機会が増える→中央突破とボールポゼッションに適したフォーメーション。


③-4 ゾーン1またはゾーン2を飛ばすロングボール 

ゾーン1・ゾーン2の組織攻撃を選択せず攻めることも可能です。ゴールキックでキーパーが前線に蹴ったり、センターバックから前線へロングパスを出したりするときは、このプレーシチュエーションとなります。注目べきポイントは「誰にボールを蹴っているか」と「セカンドボールを拾うための周りの動き」です

【例:ゾーン1を飛ばすロングボール】

サイドに全体が集まることによって、跳ね返ったボールがピンチにならないようにします。この場合はFWの選手に当てる。セカンドボールはボランチとトップ下が狙います。ウイングはFWがヘディングに競り勝ったときのために背後のスペースを狙います。

【例:ゾーン2を飛ばすロングボール】

FWの選手への背後への飛び出しに合わせるボール、逆サイドに2vs1を作って放り込むボール。この図の場合は2つのパターンです。周りのセカンドボールの動きも矢印で示しています。


まとめ

自チームの組織攻撃、そして相手チームの組織攻撃について【ゾーン1ビルドアップ】【ゾーン2前進】【ゾーン3フィニッシュ】【ゾーン1・2を飛ばすロングボール】この4つのプレーシチュエーションを基準にしてトレーニング・分析・修正していくのが良いでしょう。今回紹介したのはあくまでも[例]ですので、自チームのプレーモデルに合わせてチーム戦術も変化させて行ってください☆彡もちろんトップレベルでは更にゾーンを細かく区切った中で組織攻撃を組み立てる場合もありますが、基本は4つ!まずは、少しづつ始めてみましょう。

ルイス・エンリケ時代のFCのゾーン1のビルドアップをまとめた動画を紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=gWMjM6j-Uvo

関連記事

チーム戦術を作ろう!サッカーの基本『13のプレーシチュエーション』中編

チーム戦術を作ろう!サッカーの基本『13のプレーシチュエーション後編​​​​​​​

【解説】サッカーシステム4-3-3の長所・短所とフォーメーション変化

スーペルクラック編集部

スーペルクラック編集部

スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。

 人気記事

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。

 
月間の人気記事


タグ一覧


サッカー教本
 無料ダウンロード