catch-img

スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【オフェンストランジションにおけるプレー原理】

日本では「個人戦術」「グループ戦術」「チーム戦術」が主に主流となっていますが、スペインではその他に【集団プレー戦術】という概念があります。本記事では、攻撃時の集団プレー戦術で「トランジション守備−攻撃」のシチュエーションでの基礎となる【オフェンストランジションにおけるプレー原理】の概念について紹介します。

記事を見る

catch-img

マルセリーノ・ガルシア 名言集

マルセリーノ・ガルシア(1965年8月14日~)はスペイン・アストゥリアス州ビジャビシオーサ出身の元サッカー選手、現サッカー監督。 スポルティング・ヒホンの攻撃的MFとしてラ・リーガ1部で74試合に出場。そのほか、レバンテ、ラシン・サンタンデールなどでもプレー。 1994年に引退後、1997年に監督としてのキャリアをスタート。レクレアティーボ、ラシン・サンタンデール、サラゴサ、セビージャ、ビジャレアル、そしてバレンシアと、数多くのクラブを率いる。 バレンシア監督時代にはFCバルセロナを決勝戦で破り2018/19シーズンの国王杯を制している 2021年1月からアスレティック・ビルバオの指揮官を務める。

記事を見る

catch-img

心理学:サッカーにおけるリーダーシップ

「指導者」はそれぞれが異なる特徴や性格を持ち、立場や環境が異なれば立ち振る舞いにも変化が生まれる。育成の指導者とプロを率いる指導者、ビッグクラブのチームを率いる指導者とできたばかりの街クラブのチームを率いる指導者。どの環境であっても誰もが情熱や誇り持ち指導に当たりますが、どのような環境でも通用する最高の指導法がある訳ではありません。 今いる環境で自分が道を指し示し、その方向にチームを導かなければなりません。 重要な役割を担う最高責任者としてその環境、グループ、個人に対して自分が何を与えたいか、自分の行動や立ち振る舞いによって何を与えているのか知る必要があります。 自分が思うリーダーシップとは何か。何ができて何が不足しているか。 今回の記事では、サッカーにおけるリーダーシップのタイプについて紹介致します。

記事を見る

catch-img

スペインサッカー育成の仕組み 小学生年代「7人制」

育成年代では年代で7つのカテゴリーに分けらているスペインサッカー。各カテゴリーごとにリーグ戦が組織され、「ディビション」を意識した闘いが小学生年代から繰り広げられています。 8歳になればホーム&アウェイで昇格や降格といった「ディビション」を意識した大人と変わらないリーグ戦の仕組みの中でシーズンを闘います。 この国ではなぜ競争力の高い選手、指導者が生まれるのか。それは単なる国民性によるものなのか?

記事を見る

catch-img

マヌエル・ペレグリーニ 名言集

マヌエル・ペレグリーニ(1953年9月16日~)、チリ・サンティアゴ出身の元サッカー選手、指導者。チリ・カトリック大学で土木技師の資格を取得して卒業。選手としてはCFウニベルシダ・デ・チレ一でセンターバックとして451試合に出場。チリ代表として1試合に出場。 指導者としてはチリ、エクアドル、アルゼンチンの名門クラブで結果を残し、ヨーロッパではビジャレアル、レアル・マドリード、マラガ、マンチェスター・シティなどを率いる。マンチェスター・シティではプレミア・リーグ優勝を飾る。 2020/21シーズンのベティス新監督に就任。 冷静かつ知的な「El Ingeniero (エンジニア)」の愛称を持つマヌエル・ペレグリーニ。そんなカリスマ監督の名言を集めました!

記事を見る

catch-img

ゴールキーパーに求められるタスク

サッカーという競技において、一番の見所であるゴール前の攻防。 そのシチュエーションにて、ペナルティーエリア内で手でボールを触ることを許可された唯一のプレーヤーであり、その特殊性と共にゴールを守る最高責任者であるゴールキーパーには様々なタスクが求められます。 またゴールを守ること、ペナルティーエリア内でのアクションだけがキーパーの仕事ではありません。そのタスクは数多く存在し、トレーニングすべき内容も同じく幅広くなってきています。

記事を見る

catch-img

サッカーで学ぶ社会性 - スポーツを通じて身に着ける価値観とは -

人間とは社会的動物 (ゾーン・ポリティコン ZOON POLITIKON) であり、他の同類がいないと生き延びれません。人間ひとりひとり、生まれたときから何らかの社会グループの中で生活をします。その社会の環境、文化などを常に習得していくのです。こういった、何らかの共通点、仲間意識をもつ人間の集まりを「社会」といい、人間は「社会的動物」(ソーシャル・アニマル)とされます。

記事を見る

catch-img

Salida de balón 3人目のコンセプトを使ったビルドアップ

組織攻撃局面でビルドアップを行う際に重要となるSalida de balón(ボールの出口)構築。 近年、守備戦術の発達によるプレッシングパターンの増加など、ゾーン1でのハイプレスに苦しむチームも多く見られます。 プレスをかけられ出口を見出せずに前線へのロングフィードばかりになってしまう… フリーな選手を見つけてボールと共に前進できたら… ビルドアップを行う際には、本来主導権を持つべき攻撃側の優位性を活かすため相手システムやプレッシングの特徴理解など、事前に頭に入れておくべき情報があります。

記事を見る

catch-img

【完全版】各ポジションのスペシャリストに!スペクラの【ポジション別役割】まとめ

#お家でサッカーを学ぼう 企画第2弾! 第2弾では、スペクラが配信する【ポジション別役割まとめ】。 各ポジションでプレーする上での原理原則をまとめて紹介! 指導者のみなさんには、この記事を各ポジションの選手の戦術理解度を把握するために。 選手の皆さんは、自分がプレーするポジションでの基本的アクションにさらに磨くために。 自粛期間が明けた時、ワンランク上のチームに、指導者に、選手に、そしてサポーターになりましょう!

記事を見る

catch-img

育成年代におけるチームマネジメント

チームマネジメントとは、 指導者による、チームメイト、チームスタッフ、周りの環境の関係性を向上させるための「技術レベル」、「戦術理解力」、「フィジカル」、「メンタル」の組み合わせのことを言います。 まず、人と人との関係性がしっかり成り立っていなければ、競技は出来ません。団体競技で欠かせないのがグループ内の人間同士のコミュニケーション。そのうえ育成年代の場合、指導者はサッカーコーチとしての役目はもちろん、教育者として子供達の見本になる責任も抱えます。

記事を見る

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。