久保建英 4試合連続マンオブザマッチの理由

週末のRマドリード戦でも決定機を数多く演出し、Rソシエダにとって絶対的な存在となっている久保建英選手。 開幕からの連続マンオブザマッチ記録は途絶えたものの、4戦連続マンオブザマッチは驚異的な記録といえるであろう。 今回の記事では、レアルソシエダvsラスパルマスとレアルソシエダvsグラナダの2試合での久保建英選手の分析を行い、なぜ4試合連続でマンオブザマッチに選ばれているのか、自分なりの考えを共有致します。

記事を見る

【日記】vol.5 名門クラブでの1シーズン 〜サッカー指導者 仲翔輝〜

スペクラ連載『リレー日記コラム』。 今回のテーマは、指導者留学での経験です。 第5回は、指導者留学でバルセロナに来ている仲翔輝さんが、指導者として昨シーズン所属した名門クラブでの経験を紹介したいと思います。

記事を見る


【基礎編】バルセロナで学ぶフィジカルトレーニングメソッド 

スペインで学ぶフィジカルトレーニングメソッドでは、これまで考えていた「フィジカル」という言葉がより細かく言語化されていると感じました。 「速い選手」、「強い選手」、「体力のある選手」と言った表現が良くありますが、サッカーというスポーツでは特にスピード、パワー、持久力の中にも様々な種類があり、伸ばしたい特定のフィジカル要素に合わせたトレーニングを日々準備する必要があると感じています。 今回の記事ではバルセロナで学ぶフィジカルトレーニングメソッドの基礎、分類について説明していきます。

記事を見る

【トレーニング】11対0 相手のいないトレーニングなど意味がない?

このトレーニングのメリット: ・成功体験がしやすい ・集団プレーのパターン化 ・週末の試合に対しての対策を選手がイメージしやすい このトレーニングのデメリット: ・選手のモチベーションが保ちづらい ・集団プレーのパターン化=他のコンテキストに対する適応能力が低下 ・同じプレーを続けることは選手成⻑の妨げになる(パコ・セイルーロによると、3回同じ運動をするとその運動に慣れてしまう)

記事を見る

スペイン代表プレーモデル分析 ボール非保持フェーズ

W杯初戦を7-0というスコアで勝利し、これ以上ないスタートを切ったルイス・エンリケ監督率いるスペイン代表。 今回の記事では、W杯のグループステージで日本とも対戦する無敵艦隊スペイン代表のボール非保持フェーズのプレースタイルについて説明しています。

記事を見る


スペイン代表プレーモデル分析 ボール保持フェーズ

11月11日、2022カタールW杯に参加する26選手を発表したスペイン代表。その選手層の厚さ故に現地では発表直前までメンバー予想で盛り上がりを見せた。今回の記事では、W杯のグループステージで日本と対戦する無敵艦隊スペイン代表のボール保持フェーズのプレースタイルについて説明しています。

記事を見る

【W杯特集】スペイン代表W杯招集メンバー予想

いよいよカタールW杯まで1週間と少し。 日本代表は既に招集メンバーを発表した一方で、第3戦目で対戦する同グループのスペイン代表は明日、11月11日(金)に招集メンバーの発表を予定している。 これまでの招集人数枠23から3枠が増え、26人の選手を呼べるようになった今回のW杯だが、どの選手の招集が「確定」しているのか、現地メディアの情報に基づいてスペクラ独自にピックアップしてみた。

記事を見る


 オススメ記事

 
月間の人気記事


タグ一覧


サッカー教本
 無料ダウンロード