最新記事

catch-img

【超一流サッカー分析官】フアンホ・ビラの言葉を読み解く「アナリストになるには、まず監督になれ」

「アナリストはただ戦術だけについて考えていれば良い」ということではありません。 本記事では、「一流のコーチングスタッフ」について考察していきます。現在アーセナルで監督を務めるウナイ・エメリのバレンシア時代の専属分析官であるフアンホ・ビラの言葉から「アナリスト(コーチングスタッフ)」に欠けてはならない要素を読み解きます。

記事を見る

catch-img

『生きた学び』を得る 話を聞ける選手、自分の意見を言える選手

人として、選手として成長していくために良い環境で、知識を持った指導者の下でトレーニングを行う重要性はもちろん、加えてより大きな鍵となるのが選手が持つ『意欲』。それらは選手の成長に欠かせないものであると考えられます。 選手の中に深く残る「生きた学び」とは?

記事を見る

catch-img

スペイン女子サッカーリーグの仕組み【サッカー留学研究所】

近年女子サッカーの発展に力を入れ始めたスペイン。 今シーズンから、スペイン女子サッカーリーグの枠組みが変更されました。 これからスペインへ移籍したい選手や、女子スペインリーグに注目するファンは必見です。また日本の女子リーグ改善のヒントになるかも・・・。本記事では、昨シーズンまでと現在のスペイン女子リーグの仕組みについて解説します。

記事を見る




catch-img

得点率UP!ポジティブトランジションのプレー局面をチームに落とし込め!

現代サッカーにおけるポジティブトランジションの重要性 【セットプレー】20-30%、【組織攻撃】20%-30%、【トランジション】40%-50%。 上記のデータは、サッカーの試合における得点率をプレー局面別に割り出したデータです。現代サッカーでは、「奪ってから相手ゴールまで迫るスピード」がチームの勝敗を決することが多くなっています。

記事を見る



catch-img

ジュレン・ロペテギ 名言10選

ジュレン・ロペテギは、アステアス・バスク州・スペイン出身の元サッカー選手。2019年6月現在は、セビージャFCの監督。11シーズンに渡り、リーガ1部のレアル・マドリード、ログロニェス、バルセロナ、ラージョでゴールキーパーを務めた。1部での出場は通算149試合。リーガ2部(セグンダ・ディビシオン)では3チーム、通算168試合出場。1994年アメリカW杯ではスペイン代表の一員として参加。

記事を見る

 人気記事

 オススメ記事

【連載:セビージャで戦うサッカー監督】スペイン現場試合分析2(全3回)

分析

2018-06-18

スペインの育成現場で実際に行われているゲーム分析メソッドについて。現地で「当たり前」に行われている分析方法とは?

チーム戦術を作ろう!サッカーの基本『13のプレーシチュエーション』前編

戦術

2018-06-20

22人の選手が流動的に動き続けるサッカー。スペインで学ぶサッカーの基本、「13のプレーシチュエーション』でチーム戦術をマスター。前編では組織攻撃を解説!

スペインサッカー攻撃の個人戦術【横距離(アンプリトゥ)】

戦術

2018-06-25

最近よく耳にするようになった「個人戦術」という言葉。そもそも個人戦術・グループ戦術・チーム戦術の境目が、よくわからない人も多くいるのではないでしょうか?スペインサッカー攻撃の個人戦術アクションの1つ【横距離(アンピリトゥ)】を言語化します。

【バルセロナで戦うサッカー監督コラム】指導者の競争

スペインサッカー育成

2018-08-01

指導者同士の競争の観点から、スペインと日本を比較しながら、これからの日本サッカーの発展について考える。

スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【ライン間のバランス】

戦術

2018-07-20

日本では「個人戦術」「グループ戦術」「チーム戦術」が主に主流となっていますが、スペインではその他に【集団プレー戦術】という概念があります。本記事では、攻撃時の集団プレー戦術で最も基礎となる【ライン間のバランス】の概念について紹介します。

 
月間の人気記事


タグ一覧


サッカー教本
 無料ダウンロード