最新記事

【解説】サッカーフォーメーション4-3-3の長所・短所とシステム変化


目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.★超重要★システムとフォーメーションの違い
  3. 3.ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティ
    1. 3.1.【基本フォーメーション:4-3-3】
    2. 3.2.【攻撃時のシステム:3-6-1】
    3. 3.3.【守備時のシステム 4-1-4-1】
  4. 4.4-3-3フォーメーションの特徴
  5. 5.攻撃と守備におけるシステムチェンジのバリエーション例
    1. 5.1.攻撃システム
    2. 5.2.守備システム
  6. 6.大人気シリーズ【スペクラの深く知るサッカーフォーメーション解説】
  7. 7.関連動画
  8. 8.☆関連記事☆


はじめに

現代サッカーにおいて多様な変化をみせる「フォーメーション」。選手や監督がフォーメーションの長所や短所を深く知ること。それは勝利を呼び寄せる上で重要なキーファクターとなっています。

―フォーメーションとシステムの違い―

―各フォーメーションの特徴(長所・短所)―

―システムチェンジのバリエーションと戦術的な意図―

これらの原則を覚えておけば、新たな視点でサッカーを楽しめます。


《11人制サッカーフォーメーションはこちら↓》

《8人制サッカーフォーメーションはこちら↓》


スペインの育成年代では、小学生時代から”フォーメーションとは何か”を理解してプレーすることが当たり前です。試合中に相手のフォーメーションを見抜いてプレーできる。これが「ピッチを上から見ているような選手」が共通に持つ能力です。

―ピッチを「俯瞰(ふかん)」して見る選手―

彼らは相手チームと自チームの基本フォーメーションを頭の中でイメージしながらプレーしています。

「ピッチを上から見る選手」を育成するためには・・・。

まず監督が全てのフォーメーションを理解することは必須条件。優秀な監督は”試合開始3分”でピッチ上の全状況を把握するとも言われます。

またサッカーファンの方々は、両チームのフォーメーションに注目して試合を見ることで、より深くサッカー観戦を楽しめます。ファンの見る目が肥えれば、日本にもサッカー文化が根付くかもしれませんね。

本記事では「FCバルセロナの愛する4-3-3フォーメーションの短所・長所とシステム変化」について徹底解説します!


★超重要★システムとフォーメーションの違い

フォーメーションとシステム。”違う言葉だけど同じ意味”と理解していませんか?

しかし!!

フォーメーションとシステムは全く別の意味を指します。
早速その違いを説明していきます。

ツイッターでも最新情報を毎日配信中!(フォローしてCHECK⇒@supercrack_2018)

フォーメーションとは、相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体です。

つまり【フォーメーション=チーム力を最大限に引き出すための基本的な陣形】と言えます。

システムとは、攻撃または防御の際の選手の配置。 また、その配置からの展開の型です。

つまり【システム=基本フォーメーションから攻撃・守備の際に変化する流動的な陣形】と言えます。

スペイン・欧州のサッカーでは、1試合を通じて1つの陣形で戦うことは少なくなりました。基本フォーメーションから攻撃時・守備時に合わせてシステムチェンジして陣形を変える。試合の中で戦術変更する戦い方が当たり前になっています。


ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティ

例えば、ペップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティ。4-3-3の基本フォーメーションから複数のシステムチェンジを行っています。


【基本フォーメーション:4-3-3】

グアルディオラが、バルサ監督時代から愛用する4-3-3の基本フォーメーション。
リーグやクラブが変わっても変わらず使い続けています。


【攻撃時のシステム:3-6-1】

これはバイエルン時代に発明した「偽サイドバック」というシステム変化です。
サイドバックの選手がボランチの位置に移動する画期的な陣形であり、各ポジションの選手の特徴を最大限に生かしています。

マンチェスター・シティの場合、ボールポゼッション率を高めるために中盤に数的優位を作り出す必要があります。このシステムでは、中盤に6人の選手を配置。シルバやデ・ブライネといったキープレーヤーが、フリーでボールを受けやすい状況が生まれます。
またウイングの選手はサイドで1vs1を仕掛けやすい形ができ、スターリングやサネのようなサイドアタッカーが伸び伸びとプレーします。さらにサイドバックがボランチの位置に入ることで、カウンターアタックにも備える。かなり考え抜かれたシステムチェンジと言えます。


【守備時のシステム 4-1-4-1】

守備時のシステムは基本的に4-1-4-1となります。相手によっては、4-4-2や4-3-3のフォーメーションで前からプレッシングに行く場合もあります。


【戦術分析】監督別!バルサ4-3-3から守備時のフォーメーションチェンジ

[分かりやすい♫ 参考動画↓]


4-3-3フォーメーションの特徴

ここから4-3-3フォーメーションについて長所や短所、システム例を用いて、より詳しく説明していきます。

4-3-3フォーメーションの長所と短所
《長所》
☆三角形が自然に出来ているので、パスサッカー(ポジショナルプレー)に適している。

☆サイドにボールが入ったときに、インサイドハーフとウイング、サイドバックの3人が関われるので、サイド攻撃と相性が良い。

☆インサイドハーフがゴール前に入れるので、センターリングに対してゴール前に入る人数を確保できる。

☆前線の3人(ウイング2人とフォワード)とインサイドハーフ2人で、前線からプレスをかけやすい⇒ボールを相手コートで奪い返しやすい。

☆各ポジションの距離感が良いので、攻撃→守備の切り替えで有利な状況が生まれやすい。

☆各ポジションの距離感が良いので、無駄な体力消耗が少ない。

☆中盤にクオリティーの高い選手がいる場合、大抵の場合、ボール支配率で主導権を握ることができる。

《短所》
・各ポジションのバランスが良いので、動く必要がなくなる
→前線の動き(モビリティ)がなくなった場合、相手のプレスが簡単に機能する可能性がある。

・もし前線からのプレスが上手くいかない場合、前の5人の選手が一気に抜かれる可能性がある。

・ボランチの選手が1人のため、ボランチの横のスペースを使われてチャンスを作られることが多い。

・前線の選手がリトリートしない場合、ディフェンスラインの4人+ボランチ1人と、インサイドハーフ2人+前線の3人のラインが分断する。守備5人/攻撃5人の状況。

・ウイングとサイドバックとの間に大きなスペースがあるため、ボランチかインサイドハーフがカバーに追いつかない場合、サイドで1vs1の状況を簡単に作られる。

中盤にボールを扱えない選手が入ると、フォーメーションが機能しなくなる。


攻撃と守備におけるシステムチェンジのバリエーション例

攻撃システム

【3-4-3】
ゾーン1のビルドアップで2トップでプレスに来られた際に3vs2の数的優位を作ることが可能

【4-3-1-2】
バルサ時代のグアルディオラが得意としていた攻撃時のシステムで、メッシを「偽9番」として使ったことで有名(メッシをFWのポジションで使って、攻撃時にトップ下に入れる→守備時の負担を減らす→攻撃時に自由を与える)


守備システム

【4-1-4-1】
最も基本的なシステムチェンジのパターン。中盤でブロックを作る際に有効。

【4-4-2 フラット】
前線からのプレッシング・中盤でのブロックの2つのプレスを併用可能なシステムチェンジ。

【4-4-2 ダイアモンド】
前線からのプレッシングや内側へ相手を誘い込むときに有効なシステムチェンジ。

以上が4-3-3の長所と短所とシステム変化についてでした。

―フォーメーションとシステムの違い―

―各フォーメーションの特徴(長所・短所)―

―システムチェンジのバリエーションと戦術的な意図―

これらの要素を意識してサッカーをより深く楽しみましょう♪

スペクラ】スーペルクラックトップページへ


大人気シリーズ【スペクラの深く知るサッカーフォーメーション解説】

《11人制サッカーフォーメーション↓》

《8人制サッカーフォーメーション↓》


関連動画

サッカー️を深く学べる指導メソッド・戦術・技術・トレーニング動画やインタビューを配信中!チャンネル登録お待ちしてます⇒【スぺクラTV


☆関連記事☆

チーム戦術を作ろう!サッカーの基本『13のプレーシチュエーション』前編

スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【ライン間のバランス】

スペインサッカーから伝わる「プレーモデル」の言葉の真意を読み解く

個人技術・個人戦術・チーム戦術について詳しく知りたい方は無料サッカー教本ダウンロード!

スーペルクラック編集部

スーペルクラック編集部

スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。

 人気記事

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。

 
月間の人気記事


タグ一覧


サッカー教本
 無料ダウンロード