最新記事

catch-img

解説|8人制サッカーフォーメーション2-4-1の長所・短所とシステム変化


目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.★超重要★ フォーメーションとシステムの違い
  3. 3.スペインの小学生年代は7人制サッカー
  4. 4.FCバルセロナのカンテラが愛用する7人制のフォーメーションとシステム変化
    1. 4.1.7人制サッカー3つの基本フォーメーションタイプ
    2. 4.2.FCバルセロナのカンテラで統一される【基本フォーメーション3-2-1とシステム変化】
      1. 4.2.1.【攻撃時のシステム 2-3-1】
      2. 4.2.2.【守備時のシステム 3-1-2】
  5. 5.8人制サッカー基本フォーメーションタイプと原型のまとめ
  6. 6.2-4-1フォーメーションの特徴
  7. 7.攻撃と守備におけるシステムチェンジのバリエーション例
    1. 7.1.攻撃システム
    2. 7.2.守備システム
  8. 8.☆関連動画☆
  9. 9.☆関連記事☆

はじめに

サッカーのフォーメーションは現代サッカーにおいて多様な変化を見せています。特に選手や監督がサッカーのフォーメーションの長所や短所を深く知っておくことは、試合で勝利を呼び寄せる上で重要なキーファクターとなっています。

スペインの育成年代の選手たちは、小学生年代からフォーメーションの特徴を理解し、試合中に相手のフォーメーションを見抜いてプレーします。これが「ピッチを上から見ている選手」が共通に持つ能力です。ピッチを俯瞰して見る選手たちは、相手チームと自チームの基本フォーメーションを頭の中でイメージ。その特徴を知った上で、ピッチ上でプレーしています。

もちろん監督が全てのフォーメーションを理解することは必須条件。優秀な監督は、試合開始3分でピッチ上の全状況を把握するとも言われます。

また選手や監督ではないサッカーファンの方々は、両チームのフォーメーションに注目して試合を観戦することで、より深くサッカー観戦を楽しむことが可能です。

本記事では、8人制サッカーで主流となっている3-3-1のフォーメーションの短所・長所。そしてシステム変化について解説していきます。

《11人制のフォーメーション解説はこちら↓》

 

 


★超重要★ フォーメーションとシステムの違い

フォーメーションとシステム。「違う言葉だけど、同じ意味」だと理解している方は多いかと思います。

しかし!!

フォーメーションとシステムは全く別の意味を指します。
早速その違いを説明していきます。

フォーメーションとは、相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体です。

つまり、【フォーメーション=チーム力を最大限に引き出すための基本的な陣形】と言えます。

システムとは、攻撃または防御の際の選手の配置。 また、その配置からの展開の型です。

つまり【システム=基本フォーメーションから攻撃・守備の際に変化する流動的な陣形】と言えます。

スペイン・欧州のサッカーでは、一試合を通じて一つの陣形で戦うことは少なくなり、基本フォーメーションから攻撃時・守備時に合わせてシステムチェンジして陣形を変えるのが主流になってきています。


スペインの小学生年代は7人制サッカー

スペインでは小学生年代は7人制サッカーで1シーズンのリーグ戦を戦います。

特徴的なルールは「オフサイド」。オフサイドラインがペナルエリアの3メートルほど手前に引かれています。

【オススメ記事】トッププレーヤーを輩出し続ける!!スペインサッカー育成年代リーグ戦の仕組み


理由はスペースと時間の確保にあります。
7人制サッカーコートは11人制サッカーコートの約半分。(もう少し小さいグランドもあります)通常のオフサイドラインを適応すると、ゴールキックの際は14人全員が1/4コートに密集することになります。それでは守備側が有利な状況になります。

ボールを繋いで運ぶより、前にロングボールを蹴ったほうが安全で簡単。つまりコーチ・選手ともに「数的優位・位置的優位を生かして前進するサッカー」を選びづらくなります。

スペインの7人制サッカーのオフサイドルールはよく考えられています。前線の選手が深さを取ると、守備陣もマークする他ありません。敵DFラインが下がれば、守備ブロックのライン間のスペースが広がります。

また「ライン形成が明確になる→ゾーンの区別がしやすい=数的優位や位置的優位性を理解しやすい。」ことも、このルールが有効な点です。スペイン代表の流れるようなパスサッカーは、育成年代の仕組みづくり賜物と言えるでしょう。


FCバルセロナのカンテラが愛用する7人制のフォーメーションとシステム変化

7人制サッカー3つの基本フォーメーションタイプ

7人制サッカーには8人制サッカーと違って、フォーメーションの種類が多くありません。基本的に3つのタイプに分かれます。

①3-2-1=4-3-3が原型(ポジション配置が斜め)。中盤に能力の高い選手が必要。サイドバックは11人制におけるウイングの役割も果たす。

②2-3-1=4-2-3-1が原型(ポジション配置が直線と斜めの融合)。サイドハーフに高い守備力と攻撃力が求められる。センターバックの高いカバーリング能力が必須。

③3-1-2=4-4-2フラット&ダイヤモンドが原型(ポジション配置が直線&ダイヤモンド縦に早いサッカーと相性が良い。2トップの能力次第で爆発的な攻撃力を発揮する。

クライフがバルサ監督時代に浸透した4-3-3の基本フォーメーション。7人制サッカーになると3-2-1のフォーメーションに姿を変えます。バルサは信念を貫き続けています。
関連記事 【解説】サッカーフォーメーション4-3-3の長所・短所とシステム変化


FCバルセロナのカンテラで統一される【基本フォーメーション3-2-1とシステム変化】

バルサのカンテラは、世界有数のプロサッカープレーヤー育成機関としても知られます。FCバルセロナのトップチームといえば華麗なパスサッカー。クラブのプレーモデルに合った選手を育成する。そのためバルサのカンテラでは、4-3-3が原型の「3-2-1フォーメーション」が使用されています。


【合せて学ぼう】【8人制サッカートレーニング】バルサのように数的優位を作ってボールを運ぼう


【攻撃時のシステム 2-3-1】

バルサに対して中盤でブロックを作るチームが多い。2トップで前線からのプレッシング選ぶチームは少ない。つまり1トップでの守備に対するビルドアップのパターンが必要となる。システム変化によって数的優位を作り、ビルドアップの場面で「2vs1」を生み出す意図がある。

【守備時のシステム 3-1-2】

前線からプレッシングを行いたい時によく見るシステムチェンジ。2トップにすることでロングボールを蹴らせる意図がある。バルサのカンテラの選手は、質的優位性で優るのでDFラインを1vs1にしてもボールを奪える可能性が高い。できる限りすばやくボールを回収して攻撃する。ボールを保持してゲームの流れを作りたいバルサに相性の良いシステムと言える。

守備時のシステムは基本的に3-2-1となります。相手によっては、3-3のシステム変化で中盤にブロックを作る場合もあります。

[分かりやすい♫ 参考動画↓]


8人制サッカー基本フォーメーションタイプと原型のまとめ

まず基本的な8人制サッカーのフォーメーションタイプを考えます。

①2-4-1=4-2-3-1が原型。ポジション配置が直線と斜めの融合)。


②3-3-1(フラット)=4-4-2フラットが原型。(ポジション配置が直線)。



③3-3-1(ダイヤモンド3-1-2-1)=4-4-2ダイヤモンドが原型。(ポジション配置がダイヤモンド)。

【合せて学ぼう】【8人制サッカー戦術解説】最強ストーミング戦術 (ダイヤモンド型331)

​​​​​​​


④2-3-2=4-3-3が原型。(ポジション配置が斜め)。


2-4-1フォーメーションの特徴

ここから詳しく①2-4-1フォーメーションの長所・短所とシステム変化について解説していきます。

4-2-3-1フォーメーションの長所と短所
《長所》

☆ピッチ上のスペースがバランスよく埋められている。また各選手の距離感もよく、特に中央レーンを固めることが可能になる。


☆全体の距離感が良い→ライン間でサポートする相手の選手を潰しやすい。


☆相手陣地でボールを奪ってカウンターを仕掛けやすい。中盤4人の選手が2列目から飛び出せる。


☆攻撃→守備の切り替えの際に、全体の役割が分かりやすい=自分のポジションに早く戻るだけで良い。※3バックだと守備への切り替えの難易度が増す。


☆各ポジションの距離感が良いので、無駄な体力消耗が少ない。


☆ボランチが2枚いる=組織的な守備に安定感。


《短所》

・中央を固めることで、サイドに大きなスペースが生まれる=ボランチやセンターバックのカバーリング能力が低い場合、サイドで1vs1の状況を簡単に作られる。


・ボランチの選手2人が平行になって前に出て守備をした場合、センターバックの前のスペース(バイタルエリア)を使われる。


サイドの選手に体力的・戦術的に大きな負荷がかかる。


・サイドの選手がリトリート(戻って守備)しない場合、ディフェンス2人と中盤2人だけが守備に回る。サイドに守備の選手がいない状況。


・ボランチの選手が同じタイプだった場合、チームの特徴が大きく傾く。
守備タイプのボランチが2人揃う=チームが大きく守備的に傾く
攻撃タイプのボランチが2人揃う=チームは大きく攻撃的に傾く



攻撃と守備におけるシステムチェンジのバリエーション例

攻撃システム

【3-3-1 フラット】

【2-3-2】


守備システム

【4-2-1】
中盤で組織的な守備ブロックを作るときに相性の良いシステムチェンジ。

【2-3-2】
前線からプレッシングする際に相性の良いシステムチェンジ。


以上が、8人制サッカー2-4-1の長所と短所、システム変化についてです。
他にもチーム戦術や個人戦術などの記事も配信しています。


個人戦術・個人技術・チーム戦術についての無料サッカー教本も配信中!



☆関連動画☆


☆関連記事☆

チーム戦術を作ろう!サッカーの基本『13のプレーシチュエーション』前編

スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【ライン間のバランス】

スペインサッカーから伝わる「プレーモデル」の言葉の真意を読み解く

スーペルクラック編集部

スーペルクラック編集部

スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。

 人気記事

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。

 
月間の人気記事


タグ一覧


サッカー教本
 無料ダウンロード