catch-img

【スペインサッカー紀行】ビーゴの街とセルタ・デ・ビーゴ

スペインサッカー紀行Vo,6は「ビーゴ」

この連載では、スペイン1部リーグに所蔵するクラブの都市を紹介していきます。スペインには美しい都市が多く存在し、そのすべての街にサッカー文化が根付いていると言っても過言ではありません。サッカークラブと共生するスペインの街々の歴史と暮らしに迫ります。

Vol,1では、バルセロナについてご紹介しています。
【スペインサッカー紀行】バルセロナの街とFC BARCELONA

目次[非表示]

  1. 1.ビーゴってどこ?
  2. 2.街並み
  3. 3.レアル・クルブ・デ・セルタ・デ・ビーゴの歴史
  4. 4.バライードス
  5. 5.関連記事


ビーゴってどこ?

ビーゴはスペイン北西部にある大西洋に面した街で、リアス式海岸の風光明媚な景色が楽しめます。ガリシア州最大の人口(約30万人)を誇り、ポルトガル国境まで40kmと非常に近いところに位置しています。


街並み

ビーゴにはスペイン最大かつ世界有数の漁港があります。

こちらの漁港は、世界最大級の冷凍食品企業ペスカノバや、グループPSA(プジョー、シトロエン、オペルなどの自動車ブランドの製造・販売を行うフランスの多国籍企業。シトロエンがセルタの胸スポンサーを長年務める)のスペインの生産拠点があります。
そのため、州内一の工業地域になっています。

旧市街(カスコ・ベージョ)は、街自体が比較的新しいためそこまで大きくありません。

街の中心にはサンタマリア教会があり、小高い丘にあるカストロ要塞からはビーゴの街や青く美しい海を満喫できます。

またレストランやカフェが点在し、ピエドラ市場では海産物を食べ歩き、お土産を探すこともできます。


街の外れにはキニョネス・デ・レオン博物館(かつて宮殿だった建物を市立博物館として使用)がある他、サミル海岸やバオ海岸などの美しい浜辺があります。

港にはヨットハーバーがあり、大型クルーズも入港するため、スペイン最大の港町であることを実感できます。

さらに、港から船で30分のところに世界一美しいビーチにも選定されたことがある、

ロダスビーチのあるシエス諸島もあります。


レアル・クルブ・デ・セルタ・デ・ビーゴの歴史


レアル・クルブ・デ・セルタ・デ・ビーゴ(以下、セルタ)は1929年に創設されたクラブで、チームカラーは鮮やかな水色が特徴になっています。

プリメーラデビューは1939/40シーズンでしたが、最も成功を収めた時期は間違いなく1990年代後半から2000年代前半にかけてでしょう。

1998/99シーズン、ビクトル・フェルナンデス監督率いるチームがUEFAカップ準々決勝進出を果たします。それを、皮切りに、5シーズン連続で同大会参加成し遂げました。そのヨーロッパでの活躍から当時のチームエウロセルタと呼ばれています。

さらに2002/03シーズンにリーガ4位となり、2003/04シーズンでは、初めてチャンピオンズリーグに参加しラウンド16進出を成し遂げました。

しかし同シーズンのリーガ成績は19位と振るわず、セグンダ降格の憂き目に遭っています。

過去にリーガ優勝を達成したことは一度もなく、国王杯では準優勝を3回経験しています。

また個人成績に目を向けると、パイーニョ(1947/48)がピチチ賞、カニサレス(1992/93)、カバジェロ(2002/03)、ピント(2005/06)がサモラ賞をそれぞれ獲得しました。


バライードス


今年でちょうど90周年を迎える、セルタのホームスタジアム、バライードス(収容人数29,000人)のこけら落としは1928年12月30日。

レアル・ウニオン・デ・イルン相手に7-0で勝ちました。

スペインで開催された1982年ワールドカップの舞台のひとつにも選出されています。
また、過去に何度もスペイン代表の試合で使用されています。

さらに、16/17シーズンには悪天候で屋根が破損。

その結果、レアル・マドリード戦が試合前日に延期になるという珍しい事態が起こっています。

※出典
https://www.losotros18.com/la-liga/celta/balaidos-mermado-la-pretemporada-inicio-liguero/


関連記事

【スペインサッカー紀行】ビルバオの街とAthletic Bilbao

【女子リーガ1部エスパニョール分析官連載コラム】私の歩くサッカーの道

【バルセロナで戦うサッカー監督コラム】監督としてピッチに立つ重要性

スーペルクラック編集部

スーペルクラック編集部

スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。