最新記事

catch-img

【スペインサッカー紀行】バルセロナの街とFC BARCELONA

スペインサッカー紀行vol,1は「バルセロナ」

この連載では、スペイン1部リーグに所蔵するクラブの都市を紹介していきます。スペインには美しい都市が多く存在し、そのすべての街にサッカー文化が根付いていると言っても過言ではありません。サッカークラブと共生するスペインの街々の歴史と暮らしに迫ります。

【合わせて読みたい!】バルセロナで活躍する日本人サッカー選手
​​​​​​​リーガ・エスパニョーラで戦う現役サムライ・インタビュー【上村大介選手】



バルセロナってどこ?

 バルセロナは“スペインの”というよりも、“欧州の”街のひとつ。よくカタルーニャ人はそう言います。スペイン北北東にあるカタルーニャ州の州都は、地中海に面する港湾都市であり、フランスとの国境までわずか160キロに位置しています。カタルーニャ州北部を車で走っていると、隣国だけでなく、ドイツ、イタリアからの輸送トラックが列をなしており、スペインの真ん中に位置する首都マドリードと比較すると必然的に他国との交流は盛んです。

 バルセロナは地中海に面しているが、山地に囲まれた盆地。夏は海、冬はピレネー山脈や隣国のアンドラのスキーに目当てにバルセロナを訪れる観光客も多いです。

街並み

 街並みも独特です。世界遺産がそこかしこに点在しています。サクラダ・ファミリア、カサ・ミラなどアントニオ・ガウディの作品群はその代表になります。


19世紀から20世紀に活躍した地元出身建築家の作品以外にも、カタルーニャ音楽堂、サン・パウ病院と世界遺産があり、最も中世の面影を残す旧市街のゴシック地域には立派な大聖堂が構えています。ピカソ、ジョアン・ミロといった著名な画家の美術館があり、カタルーニャ北部に足を伸ばせば、サルバトール・ダリの作品を見ることができます。アートは過去のものだけではなく、フランス人建築家がデザインしたトーレ・アグバールという1度見たら忘れられない水の形の高層ビルがあり、最も地中海に近いところにWホテル・バルセロナという帆の形をしたブティックホテルが構えています。今と昔のアートが混在する街として知られます。


 夏から冬にかけて、街で最も華やかなランブラス通りでテロが発生し、スペインからの独立を巡る住民投票が行われ、観光客は減ったとはいえ、2017年はロンドン、パリに次いで3番目に最も多く観光客が訪れた欧州の都市となりました。

FCバルセロナの歴史

 バルセロナを本拠地とするフットボールクラブ、「FCバルセロナ」もホームタウンの特徴が反映されています。1899年にクラブを創設したのは、スイス人。今ではプレシーズンの親善試合や練習場の名称にもなっている実業家のジョアン・ガンペールです。。チームカラーの「えんじと青」も創設者の母国クラブ、FCバーゼルを真似たと伝えられています。国際交流が盛んな商業都市に足を据えるクラブであることが伺えますね。

 その一方で、同じ街のもうひとつのクラブ「RCDエスパニョール」のサポーターにとっては、その事実が格好のネタにもなっています。バルセロナは、ユニフォームにもカンプ・ノウのスタンドにも「クラブ以上の存在」《Més que un club》という言葉がカタルーニャ語で記されています。カタルーニャの民族主義を象徴するスローガンで、独裁者によるカタルーニャの地域に対しての弾圧に対して、クラブも地方自治を進める運動に参加してきた歴史があります。カンプ・ノウで前半17分14秒に「独立! 独立!」というコールが起こるのはご存知でしょうか? なぜこの時間に起こるのかというと、1714年にスペイン継承戦争に敗れ、カタルーニャはスペイン軍の占領下に置かれたからです。つまりカタルーニャが独立していた最後の年が1714年だったのが理由です。それほどカタルーニャ民族主義が強いのにも関わらず、クラブの創設者は外国人だった・・・。その事実をライバルクラブのサポーターは茶化す。そんな「けなしあい」がずっと続いています。

カンプ・ノウ

 アートを愛する街柄は、カンプ・ノウにも反映されています。観衆は世界最高峰のプレーを静かに鑑賞しています。「アルゼンチン人のドリブルやパス、彼を中心にしたバルセロナのボール回しを、絵画のように楽しんでいる」そんな感覚に陥ります。当然ながら審判やライバルチームに汚い野次を飛ばす観衆もいますし、レアル・マドリードとのエル・クラシコなどのビックマッチでは、そのボリュームはさらに大きくなります。しかし、スペインの他のクラブのスタジアムと比較するとスタジアムの咆哮は小さいと言われています。近年は外国人観光客が明らかに増えたこともあり、さらに歓声は小さくなっています。

 街柄はクラブの歴史やスタジアムに反映されます。特に2017-2018シーズンのカンプ・ノウは多くの表情を見せました。バルセロナを州都とするカタルーニャが、大きく揺れ動いたからです。

関連記事

リーガ・エスパニョーラで戦う現役なでしこインタビュー【堂園彩乃選手】

【バルセロナで戦うサッカー監督コラム】君はバルサと戦いたいか?前編

トッププレーヤーを輩出し続ける!!スペインサッカー育成年代リーグ戦の仕組み

スーペルクラック編集部

スーペルクラック編集部

スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。