catch-img

【連載:セビージャで戦うサッカー監督】スペイン現場試合分析1(全3回)



目次[非表示]

  1. 1.試合分析において重要なこと
  2. 2.対戦相手の分析
  3. 3.試合前のチェック
  4. 4.分析方法
      1. 4.0.1.〈図1〉相手は青、1-4-4(ライン)-2。自チームは1-3-5(中央はダブルボランチとトップ下)−2。
      2. 4.0.2.〈図2〉相手チームは1-4-4(ダイヤモンド)−2。自チームは上記と同じ。
    1. 4.1.まとめ
    2. 4.2.関連記事

近年、アナリストの存在がクローズアップされ、その中でも「試合分析」が注目されています。
世界中のTV番組では、スクリーンを使って、プレーの解説が行われるのが当たり前となっています。

スペインの戦術解説サッカー専門番組 → https://www.youtube.com/watch?v=C3JuB6eS5IY

今回は、「試合分析」という観点において、スペインの育成年代で8シーズン第一監督を務めている経験を踏まえて話をしたいと思います。

【あわせて読みたい】育成年代の試合分析におけるデータ記録の活用方法



試合分析において重要なこと

ただ「試合分析」は何を目的とするかを明確にしなければいけません。上写真のような分析は、視聴者に対して、バルセロナの得点シーンでカギとなった動きを伝えることが目的となっています。

ですが、多くの監督にとって関心があるのは、これから対戦する相手の分析です。「試合分析」において、対戦相手を分析するための方法を、私がスペインで学んだことを中心にお伝えします。近年、プライバシーの保護により、試合の録画が難しい状況となりました。映像があれば、選手たちにより明確なアイディアを与えることができるでしょう。

しかし重要なのは何を分析し、それをどう選手たちに伝えるかです。→試合分析基礎


対戦相手の分析

相手を対戦する前に分析する。スペインではプロクラブだけでなく、育成年代でも当たり前の光景となっています。

プロクラブでは最低5試合前から相手を分析すると言われていますが、育成年代の監督は自分のチームの試合もあるため、グランドに足を運び、1試合対戦相手の試合を観ることができれば良い方だと思います。その1試合で何を分析するかが重要です。

【合わせてオススメ】スペインサッカー育成年代リーグ戦の仕組み



試合前のチェック

試合前にチェックしておける部分は次のようになります。

スタジアム名、リーグ戦の節、日付、時間、カテゴリー、ホームチーム名、アウエイチーム名、主審の名前、監督たちの名前、選手たちの名前(セビージャ、ベティスのスカウトは、必ず監督たちに選手たちの名前と年を確認しています)、暫定順位。

スペインでは各地域の協会が、独自のHPを作成していますが、私の住むアンダルシアでは、順位表、個人の得点ランキングが掲載されるため、得点力のある選手を前もってチェックできます。


現場で使えるメモ。できるだけシンプルな方が見やすいですが、バリエーションはいくらでもあります。


分析方法

基本的には近々対戦する相手を分析します。試合中にはシステムやメンバーなど、2つのチームを記録することを勧めます。システムの比較ができれば、基本的な配置における、スペースの有無が分りやすくなります。→(矢印)を使って、選手個人が頻繁に繰り返す動きを記入することも有効的です。

そしてこの分析をスタートする前、自分の中で選手を観る時の基準を作っておくと良いでしょう。フィジカル、技術、戦術、メンタル面において、自分の中で基準を作っておけば、試合を観ながら、対象チームの選手たちに評価を付けることができます。(ここでは1-5段階)。上で紹介したメモでは相対的に[1-5]で選手評価を付けるようになっていますが、フィジカル、技術、戦術、メンタルの各項目を評価してもいいでしょう。

さらに、各システムの特徴を理解しておき、そこに分析するチームの選手の特徴を交えて観る必要があります。例えば、1-4-4-2を使っているとしても、中盤がダイヤモンドの時と、ラインの時では、自分のチームと向かい合わせた時のスペースに違いが出てきます。

〈図1〉相手は青、1-4-4(ライン)-2。自チームは1-3-5(中央はダブルボランチとトップ下)−2。

〈図2〉相手チームは1-4-4(ダイヤモンド)−2。自チームは上記と同じ。

分りやすくDFライン、サイド、中央でのマッチアップを黄色枠で枠組みすると、相手のシステムによるスペースの変化を見ることができます。

1-4-4-2(ライン)は守備において、プレスとカバーが行いやすい選手配置を実現できますが、両サイドハーフの選手たちが中央や逆サイドに寄ることができないと、中盤(ピッチ中央)に大きなスペースができ、数的不利な状況を作り出されることがあります。それは両サイドハーフの選手たちの特徴により生まれる問題です。〈図3〉

【図3】


まとめ

システムを記すだけでは、ただ数字を並べただけです。それを前提として、そこに選手たちの特徴を考慮して配置することで、システムが動き出すのです。その動き出したシステムが、どういった形で相手の脅威となり、そしてどこが弱点となるかを見抜くことが、ゲームの中で生きる試合分析に繋がります。第2回に続く。

➡️【連載:セビージャで戦うサッカー監督】スペイン現場試合分析2(全3回)




関連記事

【連載:セビージャで戦うサッカー監督】スペイン現場試合分析2(全3回)

2018ロシアFIFAワールドカップ・セットプレー分析総集①(全5回)

簡単に突破されない守備!スペインサッカー常識「ディフェンスの壁」とは?

若林大智

若林大智

スペイン・セビージャ在住。 2008年に渡西し、スペイン協会公認サッカー指導者ライセンスレベル3取得(日本のS級相当)セビージャの街クラブ、サン・アルベルト・マグノでInfantilU-14の監督を務める。

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。