最新記事

catch-img

【連載:セビージャで戦うサッカー監督連載】スペイン現場試合分析3(全3回)


目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.セットプレーの種類とメモの取り方
  3. 3.データ記録による自チームの分析
  4. 4.まとめ
    1. 4.1.★関連記事★

はじめに

前回4つの局面における分析について話をしましたが、「試合分析」において、私はセットプレーを切り離して分析した方が良いと思います。

それはボールが止まった状況でスタートするので、フットボールの中でもセットプレーは異なる性質を持つからです。

【スペイン現場試合分析1回目はこちら】

 

セットプレーは試合のスコアに大きな影響を与えるプレーであり、様々な対策が施され、セットプレー専門のコーチまで出てきています。
スペインの育成年代でも、監督たちはセットプレーの練習に時間を割くことを惜しみません。

そのため、セットプレーの分析においても、異なる準備が必要となります。

セットプレーの種類とメモの取り方

セットプレーの種類には、キックオフゴールキック、CK、スローイン、直接FK、間接FK、PKに関して、攻守において分けられます。
さらにドロップボールによるセットプレーもあります。

これらのプレーにおいて、前回私が掲載したピッチの図を使うこともできます。

キックオフ、ゴールキック、スローイン、ドロップボールに関してはこれまでのピッチ図①に書き記しますが、直接FK、間接FK、CKの場面では、攻守において少し違った図(ピッチ図②)を用意します。
全てのプレーではなく、これは危険だ、ここは利用できる、というプレーに関して記録しています。そしてセットプレーがスタートする時、どういう方法でスタートしたのか、スタート時のキックの種類、スローインの投げ方などに注意が必要です。

そのため、全ての選手たちの番号を記入するのではなく、鍵となる選手たちの記入に務めます。CKの攻守においては、一旦全ての選手たちの配置を記入することもありますが、選手たちの動きに注目しています。

前回紹介した試合分析をメモするピッチ図

【直接FK、間接FK、CKなどのセットプレーをメモするピッチ図②】


データ記録による自チームの分析

これまでは「試合分析」において、対戦相手を分析してきましたが、私は自チームの分析も、監督にとっては欠かせない仕事だと思います。

自分のチームの試合であれば、どういうプレーができた、できなかったということは図に書かなくても、頭に残るはずですし、試合中にメモを取っておけば後で整理できます。

ですが、数字を残すことで、しっかりとしたデータを記録することができるので、私はそのデータ記録を第二監督に頼んでいます。システムのチェックは、作戦ボードに自チームのシステムと相手のシステムを重ねます。
その次は、自分が今シーズン気になる項目をリストにして、その時間帯を記録してもらいました。

両チームのゴール、GKに止められたシュート(もしくはDF)、枠外シュートの時間と、選手を記入します。さらに自チームのCK、PK、そして相手チームの時間も記入します。しかし、これは私が興味のあるものなので、ボール奪取の回数や、FKの時間など、自分の目的に沿った項目で作成できます。

合わせ読みにオススメ!【分析観点とメモ


このデータの他、出場時間の記入も頼んでいました。試合の後、修正すべき点をまずは考え、さらにこのデータを加えます。すると、より深い自チームの分析が可能となり、次の試合に向けての準備へとつながります。

自分のチームの試合において、これまで紹介したような分析の方法を、試合中に行うことはありません。もちろんトップレベルでは、監督が試合を率いている間にも、スタッフが分析を行い、ハーフタイムには必要とするデータ、映像がそろっているでしょう。

しかしスペインの育成年代の現場において、監督としての試合中の分析は頭の中で行うか、もしくは第2監督、その他のスタッフとの会話の中から結果を導き、次の瞬間にはそれを選手たちに伝えなければいけません。

なので、客観的に次の対戦相手の試合を分析するのと、自分のチームを率いながら相手を分析する方法に、違いあるのは当然だと思います。

まとめ

スペインが最も優れているかは分かりません。どこの国でも違いはあるものです。

ですが、監督として「試合分析」をする時のポイントは、何を分析し、どう選手たちに伝えるかということになると思います。

それは監督一人ひとりの考え方により、変わってくるものです。


【指導者としてスペインへ挑戦!】


★関連記事★

【連載:セビージャで戦うサッカー監督】スペイン現場試合分析1(全3回)

スペインサッカー攻撃の集団プレー戦術【リーブゾーン】

【サカスペ辞書】スペイン語サッカー専門用語 ”インテリオール”

若林大智

若林大智

スペイン・セビージャ在住。 2008年に渡西し、スペイン協会公認サッカー指導者ライセンスレベル3取得(日本のS級相当)セビージャの街クラブ、サン・アルベルト・マグノでInfantilU-14の監督を務める。

 人気記事

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。

 
月間の人気記事


タグ一覧


サッカー教本
 無料ダウンロード