catch-img

2018ロシアFIFAワールドカップ・セットプレー分析総集⑤(全5回)

日に日に重要性を増しているセットプレー。2018FIFAワールドカップロシア大会でも半数以上のゴールがセットプレーから生まれたようです。FIFAの公式記録によると、30%以上のゴールがセットプレーから生まれたようです。

FIFAの公式ページ記録→https://es.fifa.com/worldcup/statistics/

そこで今回は2018年FIFAワールドカップロシア大会のセットプレーの分析を行います。セットプレーには、キックオフ、ゴールキック、CK、スローイン、直接FK、間接FK、PKが、攻守において存在し、さらにドロップボールも含まれます。データが示すように現代サッカーにおいてセットプレーから多くの得点が生まれていますし、それはロシアワールドカップでも同様でした。

本編は、セットプレーにおいて多くのバリエーションを持っているイングランドに注目し、直接FKにおける守備の分析をしていきます。

セットプレーから多くゴールを決めているイングランドが、守備においてどういう対応を見せるのかを見ていきましょう。

自陣内で直接ゴールが狙いない位置からのFKにおける守備を分析していきますが、FKの位置の距離と角度が、DFライン設定において重要なポイントになります。

【合わせて読もう!】直接フリーキックにおける攻撃



シーン① 準決勝クロアチア戦、前半ロスタイム、白がイングランド、黒がクロアチア


イングランドの右サイドでクロアチアがFKを獲得し、キッカーは右利きでインスイングのボールを蹴るモドリッチです。距離と角度があるため、直接シュートを決めることは難しい位置です。

イングランド

0−1とリードがあり、前半終了間際ということから、イングランドは全員で守備をします。

〈壁〉

壁はスターリング1枚です。キック後、彼は前線に上がっていき、カウンターの起点になります。

〈DFライン〉

DFラインはペナルティーエリアのラインに設定しています。しかし、リンガードはラキティッチをマークし、アリはレビッチをマークしており、DFラインより前に立っています。

〈GK〉

ピックフォードはFKの距離と角度から、センタリングの可能性の方が高いとして、ゴールラインよりも少し前に出ています。

クロアチア

マンジュキッチがDFラインよりゴール寄りに立ち、キックの直前にDFラインに入ってから再びゴールに向かいます。DFラインのほんの少し前中央にビダとロブレン、そしてファーサイドにペリシッチがいますが、この3人もキック直前にDFラインと同じラインに入り、そこからゴールを目指します。キック前、レビッチはアリのマークを外してニアサイドに入っていきます。

キックの瞬間、イングランドの選手たちはそれぞれのゾーンを維持したまま、ラインを下げ、ボールを探しに行きます。キック直前のレビッチの動きに対して、アリはマークを受け渡し、リンガードがレビッチをマークします。DFライン上のそれぞれのゾーンでマークをしていきます。ヘンダーソンがマンジュキッチ、ストーンズがビダ、マグワイアがロブレン、ヤングがペリシッチをマークしています。

ヘディングが強く2列目から入ってくると予想されたラキティッチですが、このプレーでは敢えて中に入っていかず、セカンドボールを狙います。

DFラインはマークを維持して下がりますが、一番危険な中央のゾーンはウォーカーが下がって守り、ボールに触ります。

ヤングはペリシッチのマークを外し、ボールの軌道線上に入ることを優先しています。これは、DFラインの前で、アリとケーンがゾーンでポジショニングするため、この2人の選手以外はボールに向かっていくことが優先されているからでしょう。

そしてセカンドボールにはアリとケーンが反応するようになっています。なのでペリシッチにセカンドボールがこぼれた場合、近くにいるケーンがプレスに行くことになります。

〈GK〉

ピックフォードはゴールエリア内にボールが入る時、アタックに行くと決めていたのでしょう。そのためウォーカーが触ると分かると、ゴールに向かって下がっています。

セカンドボールを狙っていたラキティッチに対して、中央でDFライン前のゾーンにいたアリがプレスに行き、シュートをブロックします。ケーンはDFライン前、中央からファーポストよりのゾーンを守っていますが、アリのサポートに向かいます。


次はイングランドが直接FKで失点した場面を見ていきます。

シーン② グループリーグ、パナマ戦、後半78分、白がイングランド、赤がパナマ

クロアチア戦と比べ、FKの位置がより中央ですが、さらにゴールからの距離があるため、直接ゴールを狙うのが難しいです。左利きのアヴィラがアウトスイングでキックすることから、パナマは赤ゾーンにセンタリングを上げてくることが予想されますが、DFラインの前で一人でフリーになっている選手にパスをする可能性もあります。

〈壁〉

壁はヤング一人です。

〈DFライン〉

DFラインは8人で構成していますが、2から7番までがより中央に固まり、8番のローズと9番のマグワイアは相手をマークしているため、少しファーサイドよりにいます。ただ、2から7番の間でラインが揃っておらず、さらにマグワイアがボールとマークを見ようとして、DFラインよりも後方にポジショニングしています。4番ウォーカーと5番デルフは、DFラインが揃っていると思い、相手の選手を背後に置いて、オフサイドになると確信しています。

〈GK〉

ピックフォードはセンタリングを警戒し、ゴールエリアギリギリまで出ています。

キックの瞬間、ローズとマグワイアはマークに付いて行きますが、他の選手たちはオフサイドだと思っているため、ゴールを決めるバロイはフリーでペナルティーエリアに入っていきます。オフサイドラインはマグワイアとなるため、バロイはオフサイドになっていません。

〈GK〉

ピックフォードはセンタリングに飛び出せないと分かったので、ゴールに向かって下がります。

ペナルティーエリア内で2+GK対3の状況ができ、ローズとマグワイアはそれぞれマークに付いていましたが、シュートを決めるバロイはオフサイドになっていると思われたため、フリーでゴールを決めました。

失点の場面では、大量リードがあることからチームとしての集中力が切れ、DFラインにおけるコーディネーションが取れていませんでした。

それでも両シーンの守備で見えるのは、キックに合わせたDFラインの対応、そして役割分担が用意されていることです。

深く学べるサッカー教本無料ダウンロードはこちらから


まとめ

フィジカル的にも厳しい大会であるワールドカップ、さらに国の間での実力差が縮まっていることを考えると、セットプレーの重要性はさらに高くなったと言えます。大会期間中、フィジカル的負担が少ないセットプレー練習で精度を高めることはできたはずです。セットプレーも細部まで拘ったチームが上に進んだのかもしれません。イングランドはセットプレーからの得点において、今大会注目を集めたチームです。全てのセットプレーをゴールに結びつけたわけではないですが、その確率を少しでも高めた結果、4位となったことは間違いありません。

関連記事

得点率UP!ポジティブトランジションのプレー局面をチームに落とし込め!

2018ロシアFIFAワールドカップ・セットプレー分析総集①(全5回)

2018ロシアFIFAワールドカップ・セットプレー分析総集②(全5回)

若林大智

若林大智

スペイン・セビージャ在住。 2008年に渡西し、スペイン協会公認サッカー指導者ライセンスレベル3取得(日本のS級相当)セビージャの街クラブ、サン・アルベルト・マグノでInfantilU-14の監督を務める。

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。