catch-img

【解説】サッカーフォーメーション3-4-2-1の長所・短所とシステム変化

目次[非表示]

目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.★超重要★システムとフォーメーションの違い
  3. 3.ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティ
    1. 3.1.【基本フォーメーション:4-3-3】
    2. 3.2.【攻撃時のシステム:3-6-1】
    3. 3.3.【守備時のシステム 4-1-4-1】
  4. 4.3-4-2ー1フォーメーションの特徴
  5. 5.攻撃と守備におけるシステムチェンジのバリエーション例
    1. 5.1.攻撃システム
    2. 5.2.守備システム
  6. 6.大人気シリーズ【スペクラの深く知るサッカーフォーメーション解説】
  7. 7.☆関連記事☆


はじめに

現代サッカーにおいて多様な変化をみせる「フォーメーション」。選手や監督がフォーメーションの長所や短所を深く知ること。それは勝利を呼び寄せる上で重要なキーファクターとなっています。

―フォーメーションとシステムの違い―

―各フォーメーションの特徴(長所・短所)―

―システムチェンジのバリエーションと戦術的な意図―

これらの原則を覚えておけば、新たな視点でサッカーを楽しめます。

【スペインサッカーを学べる!サカスペ教本無料ダウンロード配信中】


スペインの育成年代では、小学生時代から”フォーメーションとは何か”を理解してプレーすることが当たり前です。試合中に相手のフォーメーションを見抜いてプレーできる。これが「ピッチを上から見ているような選手」が共通に持つ能力です。

―ピッチを「俯瞰(ふかん)」して見る選手―

彼らは相手チームと自チームの基本フォーメーションを頭の中でイメージしながらプレーしています。

「ピッチを上から見る選手」を育成するためには・・・。

まず監督が全てのフォーメーションを理解することは必須条件。優秀な監督は”試合開始3分”でピッチ上の全状況を把握するとも言われます。

またサッカーファンの方々は、両チームのフォーメーションに注目して試合を見ることで、より深くサッカー観戦を楽しめます。ファンの見る目が肥えれば、日本にもサッカー文化が根付くかもしれませんね。

本記事では「今シーズンリーガ、国王杯で歴史的な戦いを繰り広げるCF Granadaやブンデスリーガ、チャンピオンズリーグで旋風を巻き起こしているLeipzigなども使用する、3-4-2ー1 フォーメーションの短所・長所とシステム変化」について徹底解説します!


★超重要★システムとフォーメーションの違い

フォーメーションとシステム。”違う言葉だけど同じ意味”と理解していませんか?

しかし!!

フォーメーションとシステムは全く別の意味を指します。
早速その違いを説明していきます。

ツイッターでも最新情報を毎日配信中!(フォローしてCHECK⇒@supercrack_2018)

フォーメーションとは、相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体です。

つまり【フォーメーション=チーム力を最大限に引き出すための基本的な陣形】と言えます。

システムとは、攻撃または防御の際の選手の配置。 また、その配置からの展開の型です。

つまり【システム=基本フォーメーションから攻撃・守備の際に変化する流動的な陣形】と言えます。

スペイン・欧州のサッカーでは、1試合を通じて1つの陣形で戦うことは少なくなりました。基本フォーメーションから攻撃時・守備時に合わせてシステムチェンジして陣形を変える。試合の中で戦術変更する戦い方が当たり前になっています。


ペップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティ

例えば、ペップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティ。4-3-3の基本フォーメーションから複数のシステムチェンジを行っていました。


【基本フォーメーション:4-3-3】

グアルディオラが、バルサ監督時代から愛用する4-3-3の基本フォーメーション。
リーグやクラブが変わっても変わらず使うことが多いです。


【攻撃時のシステム:3-6-1】


これはバイエルン時代に発明した「偽サイドバック」というシステム変化です。
サイドバックの選手がボランチの位置に移動する画期的な陣形であり、各ポジションの選手の特徴を最大限に生かしています。

マンチェスター・シティの場合、ボールポゼッション率を高めるために中盤に数的優位を作り出す必要があります。このシステムでは、中盤に6人の選手を配置。シルバやデ・ブライネといったキープレーヤーが、フリーでボールを受けやすい状況が生まれます。
またウイングの選手はサイドで1vs1を仕掛けやすい形ができ、スターリングやサネのようなサイドアタッカーが伸び伸びとプレーします。さらにサイドバックがボランチの位置に入ることで、カウンターアタックにも備える。かなり考え抜かれたシステムチェンジと言えます。


【守備時のシステム 4-1-4-1】


守備時のシステムは基本的に4-1-4-1となります。相手によっては、4-4-2や4-3-3のフォーメーションで前からプレッシングに行く場合もあります。


【戦術分析】監督別!バルサ4-3-3から守備時のフォーメーションチェンジ



3-4-2ー1フォーメーションの特徴


それでは、ここから3-4-2-1フォーメーションについて長所や短所、システム例を用いてより詳しく説明していきます。



《長所》

☆ピッチ中央レーンに選手を多く配置するため、中央での数的優位や中央のスペースを使ったポジショナルプレーが可能


☆攻撃時、相手コートに多くの選手を配置し厚みのある攻撃ができる


☆攻撃→守備の切り替えで人数をかけてプレスをかけやすい=相手を押し込みやすい。


☆1トップ・4人のミッドフィルダー・3バックと、陣形が中央レーンに固まっているため、ウィングバックが縦に自由に動ける


☆ウイングがいないため1トップ・インサイドハーフの選手たちがサイドに流れてプレーすることができる


☆ビルドアップ時、DFラインに対して多くのパスコースを作り出せる


☆1トップの相手CB間でのポジショニングや、インサイドハーフのサイドバックの背後を狙う動きを匂わせる事によって、相手DFラインを固定する状況を作ルことが出来る

《短所》

・両ウイングバックに高い運動量が必要となる


・チームの幅を取る選手がウイングバックしかいないため、プレーが過度に直線的になることがある=プレーリズムをコントロールできない


・段差を作る動きが無い、もしくはサイドに流れる選手がいない場合、中央の4人とFWで中央のスペースを消し合う可能性がある


・ウイングのポジションが存在しないので、相手が4バックの場合、サイドバックへのアプローチができない→サイドバックが自由にボールを運べないようにするためのオーガナイズが必要。


・「攻撃→守備の切り替え」の際にウイングバックの背後(3バックのサイドのスペース)を使われる可能性がある。


・前線からのプレスが上手くいかない場合、サイドから押し込まれるれる可能性がある。


・サイドチェンジを許した場合、中央の4人が大きく揺さぶられ運動量が必要となる


【戦術トレーニング】ペップ・グアルディオラお得意のボールポゼッション



攻撃と守備におけるシステムチェンジのバリエーション例

攻撃システム

【3-3-3ー1】

中盤の中央に位置する4枚がお互いのパスコースを消し合う事もあるこのフォーメーション。

ダブルボランチのうち一枚がDFラインの前にポジションを取り、もう一枚が高い位置をとる事で3-3-3-1のシステムに。相手のライン間に選手を配置することで守備ブロックのバランスを崩しやすくなる。

【3-1-3-3】

バルセロナではヨハン・クライフが使用したことで有名な形。ウイングバックのみしかいなかったサイドレーンに加えてウイングを配置。オーバーラップが攻撃の鍵となっていたサイド攻撃にコンビネーションを生む。2人が異なるレーンにポジションを取る(サイドレーンに1人、ハーフスペースにもう1人)ことでオーバーラップやインナーラップなどのオプションも作ることができます。

サイドバックが数的不利でボールを失う可能性を減らしつつ攻撃参加でき、ダイナミックな攻め上がりを促すことが可能。

守備システム

【5-4-1】

ウイングバックが下がり、3バックから5バックに。インサイドハーフが、サイドハーフのポジションまで下がり、ワントップが前線に残ります。

試合終盤、1点差・2点差で勝っているときに、「逃げ切る」ために使用されるシステムです。5-2-1-2などへのシステム変化と比べると、中盤のサイドのスペースがより効率的に埋められているシステムになります。それを引き換えに、攻撃陣がかなり薄くなり、カウンターを仕掛けづらいことが不利な点となり得ます。

【5-2-3】

上のシステム変化と似ていますが、この形ではインサイドハーフが、ウイングのポジションまで上がり、スリートップを形成します。

サイドバックに対するプレスがかけられる形になり、カウンターでも人数をかけられるようになりますが中盤に数的不利が生まれやすくなるデメリットも。

​​​​​​​

以上が、3-4-2-1の長所と短所、システム変化についてです。

―フォーメーションとシステムの違い―

―各フォーメーションの特徴(長所・短所)―

―システムチェンジのバリエーションと戦術的な意図―

これらの要素を意識してサッカーをより深く楽しみましょう♪



大人気シリーズ【スペクラの深く知るサッカーフォーメーション解説】

《11人制サッカーフォーメーション↓》

  



☆関連記事☆

チーム戦術を作ろう!サッカーの基本『13のプレーシチュエーション後編

得点率UP!ポジティブトランジションのプレー局面をチームに落とし込め!​​​​​​​

【サカスペ辞書】スペイン語サッカー専門用語 ”インテリオール”​​​​​​​

スーペルクラック編集部

スーペルクラック編集部

スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。