最新記事

catch-img

2vs1を制する者がサッカーを制する!ディフェンスの3つのテクニック♪


目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.2vs1の数的不利を守る3つのテクニック
    1. 2.1.テクニック① 後ろに下がりながら、遅らせる
    2. 2.2.テクニック② パスが出たら、スペースを守る
    3. 2.3.ポイント③ パスコースを切ってプレスに行き、1vs1の状況に追い込む
  3. 3.戦術理解度チェック
    1. 3.1.まとめ
    2. 3.2.関連記事

はじめに

【2対1の状況が、サッカーで重要な理由】

サッカーはフィールドプレーヤー10人+ゴールキーパー1人の11人1チームが、11vs11で戦うスポーツです。

ここで疑問が生まれます。数的同数で戦うスポーツなのに、なぜ2対1の状況が重要なのでしょうか?

それは「最終ラインは1人以上の数的優位を保つ」という原理原則が関係しています。

=「ビルドアップの際は常に1人多い数的優位の状況が生まれる」ことを意味するのです。

以下の(図1)をみてください。


ゾーン1では4vs3・ゾーン2では3vs3・ゾーン3では3vs4の状況となっています。この選手の数的配列は、「最終ラインは1人以上の数的優位を保つ」という原理原則によって生まれた形といえるでしょう。

つまり、ゾーン1では数的優位・ゾーン2では数的同数・ゾーン3では数的不利となることが、サッカーには多いと分かります。

ゾーン1の4vs3をさらに細かく分けた(図2)を見てください。

このように4vs3の状況は、【3つの2vs1】に分割できます。

そして、ゾーン1の2vs1を突破すれば、ゾーン2でも数的優位が生まれます。

さらにゾーン2の数的優位のシーンを細かく分けた(図4)が以下になります。

つまり!!

攻撃側は2vs1を崩せば、最終ラインまでたどりつけます。

逆に言えば、2vs1を崩されなければ強固な守備組織になるということです。

★関連記事★

2vs1を制する者がサッカーを制する!オフェンスの9つのポイント♪


2vs1の数的不利を守る3つのテクニック

2vs1の状況で、攻撃側は「いかに速く突破するか」が重要です。

つまり、守備側は「いかに相手の攻撃を遅らせるか」が対抗手段となります。味方の守備スライドが間に合えば、2vs1の状況から2vs2に追い込めます。(図5)

今回の記事では、2vs1で「時間を稼ぐ」「ボールを奪う」ための3つのテクニックをご紹介します。


テクニック① 後ろに下がりながら、遅らせる

2vs1の状況で、ボール保持者へ近づくアプローチをすれば、確実にパスで交わされます。

「2vs1」数的不利の状況に対する守備において、第一優先は「味方が戻ってくる時間を稼ぐ=遅らせること」です。

2vs1の状況を突破されないためには、まず背後のスペースを消すために後退します。相手のスピードを遅らせながら、味方の助けを待ちます。2vs2の数的同数の状況になるまで時間を作れば、「守備側の勝ち」と言えるでしょう。

図2のように自分の背後のスペースを消すイメージで後ろに下がって行きます。


テクニック② パスが出たら、スペースを守る

これは多くの選手に見られる改善ポイントです。2vs1を突破されないための秘密は、パスを出された後の「移動する場所」に隠されています。

よくあるミスは、「ボールへアプローチに行く」です。これは、【ボール保持者への守備】しか学んでいない選手に多い失敗です。

上図のように、ボール方向へ守備をすると、相手にワンタッチで交わされる可能性が高くなります。

逆に、【スペースへの守備】を知っている選手は、自分のラインを超えられなければ勝ちだと知っています。自分の背後のスペースを守る場合は、パスを出された後の走る軌道が変化します。

図3と図4では、走る軌道が2~3メートル変化しただけですが、図4では敵は2vs1を突破できていません。

特に数的不利を守る場合は、【ボールへの守備】と【スペースを守る守備】うまく使い分ける必要があります。


ポイント③ パスコースを切ってプレスに行き、1vs1の状況に追い込む

最後は、2vs1の数的不利に対して、守備側がイニシアチブを持って解決するオプションです。

後ろに下がって遅らせるばかりでは、受け身の守備になってしまいます。

積極的なプレスにより、2vs1を解決する方法は、「サポートする選手へのパスコースを切りながら、ボール保持者にアプローチする」オプションになります。

2vs1を1vs1に追い込むイメージで守備をすると良いでしょう。(※パスコースを切らずにプレスに行けば、簡単に突破されるので注意しましょう)

以下の状況は2vs1を1vs1にする絶好の機会です。

  • ボール保持者とサポートする選手の距離間が近い
  • ボール保持者のドリブルが大きい
  • ボール保持者が、ボールばかり見ている
  • サポートする選手が、パスコースを作っていない


戦術理解度チェック

以下2つの状況を見て、何を修正するべきでしょうか?


まとめ

サッカー選手にとって2vs1の解決方法を知ることは基本中の基本です。実践で使えるようになるには、まずは頭で理解すること。そして、ピッチの上で使ってみることです。指導者は、選手たちが2vs1の状況をピッチ上で見つけることが出来るようなトレーニングを、設定してあげると良いかもしれません。

【理解度チェックの解答】

①=チームのゲームプランにもよるが、①の状況では敵サイドバックがパスコースを作れていないので、センターバックに「外のパスコースを切りながら」プレスに行くべき。ウイングの矢印が前方向になる。

​​​​​​​②=自チームのウイングが抜かれたシーン。この場面では、サイドバックは敵ウイングを離してまで、ボールへプレスに行くべきではない。サイドバックの矢印は後ろ方向になる。


関連記事

2vs1を制する者がサッカーを制する!オフェンスの9つのポイント♪

『運ぶドリブル』をマスターしよう!~3つの用法とトレーニング動画~

​​​​​​​



スーペルクラック編集部

スーペルクラック編集部

スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。