最新記事

catch-img

【バルセロナで戦うサッカー監督コラム】プレイヤーズファーストへの想い

はじめに

前回は、指導者間の競争があることによって【指導者レベルの底上げ】【指導力の向上】に繋がるという観点でお話をさせて頂きました。

【合わせて読みたい】
リーガ・エスパニョーラで戦う現役なでしこインタビュー【品田彩来選手】前編

しかし、それだけでは日本サッカー界のレベルが飛躍的に伸びる事はありません。

なぜならば、日本の育成年代の構造はプレイヤーズファーストの観点が欠如していると考えるからです。​​​​​​​


スペインのプレーヤーズファースト

例えば、スペインでは選手一人ひとりの最低限の出場時間がサッカー協会のルールとして定められています。カタルーニャ州ではU-12まで7人制サッカーを行っており、公式リーグ戦の試合時間は15分✕4本です。リーグ戦では、各選手最低15分間は出場しなければ失格処分となってしまいます。

もっと詳しいスペイン育成年代の仕組みはこちら
トッププレーヤーを輩出し続ける!!スペインサッカー育成年代リーグ戦の仕組み

また選手の怪我の予防や、クオリティーとインテンシティーの高い試合を生み出す目的で、『一日一試合』が義務付けられています。

もちろん、これらが必ずしも良いかというと、そうでは無いかもしれません。しかし、「プレイヤーの目線に立った本当の意味でのプレイヤーズファーストの実現」を目指した改革である私は思っています。


日本の現状

では日本の場合はどうでしょうか。選手の出場時間数は各チームが自主的にコントロールしており、協会が明確な義務やルール付けを行っていないのが現状です。そして、一日の試合数をコントロールする習慣が乏しく、選手たちは週末2試合以上を行うこともあるようです。これでは、体を回復することができず、悪いコンディションの中でプレーをする必要性が出てきます。

もちろんチームによって、試合数をコントロールしたり、出場時間数をコントロールする等の措置を取っている場合もあるでしょう。しかし、まだほんの一部のクラブだけであると思っています。

プレーする選手達本人は頑張りたくても、一日に何試合もある練習試合を100%でこなせるはずがありません。自然と質の悪い動きが増えてしまい、100%を出さないプレーが習慣化されます。構造面の欠陥があるのですが、走れないことを注意されてしまうのです。「体力が無い!走り込みだ!」という言葉はよく聞きます。

本当にそうなのでしょうか。大人が同じように1日に100%で何試合もプレーできるでしょうか?と、私は思います。


100%を出す

100%を出すことが習慣化しているスペイン人は、オンとオフの切り替えのレベルが高い気がします。その理由の一つとして、試合数のコントロールが影響していると思います。

『週末のゲームのために入念に事前準備をし、その一試合に全力をかけ、最高のパフォーマンスをして勝つために戦う』

緊張感のある試合だからこそ、オンとオフの切り替えが勝利を左右する大きな要因となります。さらにクオリティーとインテンシティの高いゲームが展開されるのです。

100%集中して仕事をするには、労働時間のコントロールが必須です。また、100%集中して勉強するには、授業時間のコントロールが必須です。

では、100%集中してサッカーをするには、試合(練習)時間のコントロールも必須なのではないでしょうか?
オススメ動画!【スペインサッカー監督インタビュー】選手育成への情熱















まとめ

厳しい














言い方ではありますが、サッカー協会が先導して、日本の育成に適したルール作りをしなければ、世界との差は縮まる事はないと思います。

今、日本のサッカー界は転機を迎えています。

サッカーの最先端の情報が手に入り、それを実践して試すことが可能な時代になりました。「量よりも質が大事」という考え方がより広がると、日本サッカーはもっと良くなっていくでしょう。確実に一歩一歩、しかし、一歩一歩大幅で進むためには、構造面の問題を解決することが先決です。表面的なプレイヤーズファーストではなく、本当の意味でプレイヤーズファーストを意識したルール作りを進める必要があります。そして、高い緊張感のある試合が毎週末行われる環境が整備されたとき、さらに世界との差は急速に縮まっていくでしょう。


★関連記事★

リーガ・エスパニョーラで戦う現役なでしこインタビュー【品田彩来選手】前編

【連載:セビージャで戦うサッカー監督】スペイン現場試合分析1(全3回)

トッププレーヤーを輩出し続ける!!スペインサッカー育成年代リーグ戦の仕組み


中村貴大

中村貴大

スペイン・バルセロナ在住 スペイン協会公認サッカー指導者ライセンスレベル2所持(日本のA級相当)スペインの現地クラブでU-10・U-14の監督を務める。過去に育成コーディネーターとしてスペイン指導者の育成にも携わった。Tiwitter→@Spas11nv11Taka

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。