最新記事

catch-img

スペイン育成現場の常識!シュートがうまくなる8つの秘訣

全然シュートが入らない!!!

  • いつも相手にマークされていて、シュートが打てない・・・。

  • シュートを打つところまで行くけれど、ボールはゴールの上にとんでいく。

  • トラップからシュートまでが遅くて、シュートする前に取られてしまう。

  • ミドルシュートが弱くて・・・キーパーにかんたんにキャッチされる。

  • シュートが入らなくて悩んでいるが、いつも同じシュート練習になってしまう。


シュート精度を上げることは、サッカープレーヤー・指導者の永遠の悩みですよね。

そんな悩みを解決してくれるのが、スペインの育成年代で当たり前のように教えられている『インステップキックの基本』と『シュートのトレーニング方法』です!

この2つをしっかり学べば、選手も指導者も理想のシュートに近づくことができます。

今回は、シュートを成功させる8つの秘訣をシュート前・シュート中・シュート後の場面に分けて説明します。最後に、プレー状況を設定した中で行うシュートトレーニングメニューをご紹介します。



【試合で使えるシュートにするため8つの秘訣】


1. 抑えたシュートを心がける(シュート中)

スペインのインステップキックは、日本のインステップキックよりも狭い範囲を指します。

スペイン語で(Empeineエンペイネ)と呼ばれるインステップの面は、足の甲の一番骨が出ている場所です。

ボールを捉える足の範囲をエンペイネに意識してシュート練習するだけで、抑えたシュートを打つことができます。


2. ゴール方向に体の向きを作る(シュート前)

シュートを打つ技術もそうですが、シュートを打つ前の段階で勝負が決まっていることもあります。

図①の選手はゴールに背を向けてボールを受けています。これでは、シュートまでの流れがイメージできていません。

図②のようにパスを受ける前に、マークを外して、体の向きを作ります。

スペースのないゴール前のシーンでは、1、2メートルのスペースを生み出すことが勝負です。

スペースを作ったあとは、必ず相手ゴールに「おへそ」を向けることを意識しましょう!


3. できる限り時間をかけずシュートする(シュート前)

トラップからシュートまでの流れを体に覚えさせることで、ディフェンダーにカットされる確率は下がります。

様々な状況でのトラップからのシュートをトレーニングしましょう。また重要なのは足の振りのスピードを意識することであり、強く打つことではありません。間違った意識でトレーニングしないことが大切になります。


4. スペースと時間がある場合は、必ずゴールとキーパーを見る(シュート中)

以下の図の状況は、FWが完全にディフェンスの裏に抜け出してキーパーと1vs1になっています。

1vs1以外も含めてスペースと時間に余裕があるときはキーパーの位置を見てシュートコースを決めます。

5. 時間とスペースがない場合は、ゴールは見ない。シュート練習で覚えた感覚で!(シュート中)

逆に、以下の図の状況ではスペースと時間がほどんどないことがわかります。

ゴールへの体の向きも悪く、裏へ抜け出したもののディフェンスにすぐ追いつかれる距離です。

ここでゴールを見る余裕はありません。

ニアポスト、ファーポスト、GKの股下など、様々な状況に応じて自分の得意なコースを知っている!つまり、練習でたくさんのシュート状況を経験しているかが鍵です。


6. センターリングに対してはワンタッチシュートを意識する。(シュート中)

現代サッカーのおよそ60%以上がワンタッチシュートでのゴールです。特にセンターリングに対してはワンタッチシュートを心がけることでゴール確率のアップに繋がります。


7. ボールの軌道を予測し、先にボールに触る。(シュート中)

センターリングに合わせるボレーシュート、ワンタッチシュートはボールの軌道を予測しなければなりません。まずはボールの軌道を読み、相手よりも先にボールを触ることを試してみましょう!


8. シュートをした後、アクションに継続性を与える。(シュート後)

これは、シュートを打ったあとのアクションになります。しかし、こぼれ玉に詰める意識が薄いことで、「あそこで詰めていれば・・・」なんてことはよくあります。普段の練習から、シュートを打った後、こぼれ球に詰める意識付けをすることが大切ですね。




【まとめ】

さらに、シュートがうまくなるコツは、「シュートの成功する8つポイントを、様々なプレー状況に分けてトレーニングすること」です。

これからのポイントを全て同時にトレーニングすると効果は薄まるので気をつけましょう。

シュート練習の際に大切なことは・・・

①1回のシュート練習で1つのポイントをしっかり意識すること。

②トレーニングでは試合で起こりうる様々な状況を設定して、体に染み込ませることです。


【練習メニュー1】

図の「当てて落としてシュート」ばかりでは、ゴール正面のミドルシュートしかうまくなりません。


【練習メニュー2】

このように同じシュート練習でも、以下のように様々な状況を設定することで、ゲームでその場面がフラッシュバックされることがあります。(体に染み付いている)

《秘訣1》 抑えたシュート(エンペイネ)

状況→ウイングがFWと壁パスのあとに、ペナルティーエリア斜め45度からシュート

※赤の三角形はマーカー(敵の4バックを意識して配置する、3バックの配置でも良い→重要なのは選手たちがDFとDFの間のギャップを意識してシュートの前のアクションを行っているかどうか)

《秘訣2》 体の向きを作る

状況→FWがDFを外し、体の向きを作って、すばやくシュート

《秘訣4》 キーパーを見てシュート

状況→ウイングが裏へ飛び出してシュート

《秘訣5》 ゴールを見ずにシュート

状況→FWが流れてシュート

​​​​​​​


最後に、天性のゴールゲッターであるFCバルセロナのスアレスのゴールシーンを8つの秘訣を意識しながら見てみてください。新たな発見があるかもしれません♫→動画はコチラ

関連記事

パスがサッカーの試合で上手く使えるようになるコツ10選

サッカーの試合で使えるテクニックが、グッ!と伸びる仕組みを考える

スペインサッカー攻撃の個人戦術【マークを外す動き(デスマルケ)】

スーペルクラック編集部

スーペルクラック編集部

スペイン・バルセロナを拠点に活動。「本物のスペインサッカーをありのままに生き生きと伝えたい」そんな想いで日々コンテンツを更新する。ライター、サッカー監督、プレーヤー等、多岐にわたるスペイン在住邦人が執筆・編集。深くサッカーを学びたいあなたへ。

 オススメ記事

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(守備時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-08-01

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】ボランチ(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-27

ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。

【サッカーのポジション別役割まとめ】サイドバック(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-07-17

カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(守備のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2019-02-19

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。

【スペイン流サッカーポジション別役割まとめ】フォワード(攻撃時のタスク)

サッカーのポジション別役割まとめ

2018-12-17

グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。